『Metal Gear Survive』には「常時オンライン接続」と「少額課金」が含まれる。


  • プレイには常時オンライン接続が必須
  • ゲーム内課金が存在する
  • プレイ時間は15時間~20時間

来月22日に発売予定の『Metal Gear Survive』には、「常時オンライン接続」と「少額課金」が含まれることをGameSpotが報じている。

Konami said Metal Gear Survive requires a constant internet connection so the game can offer a “seamless” experience as players move between single-player and multiplayer. “Metal Gear Survive’s online connectivity requirements were built to support a seamless integration between single player and co-op. This will also enable us to provide ongoing content post-launch.”


“Metal Gear Surviveの常時オンライン接続は、シングルプレイとマルチプレイの一体化をサポートします。これは発売後の継続的なコンテンツ供給も可能にします。”


また、『METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN』でも見られた少額課金も再登場。SV coinsと呼ばれるゲーム内マネーで、時短アイテムなどを購入できるとしている。

According to Gamespot, you’ll be able to be able to pay real money for in-game currency (called SV coins), and then use that currency to buy temporary stat boosts, or increase the rate at which you earn ‘Battle Points’, which in previous games have been used to unlock equipment.

Gamespotによれば、リアルマネーでゲーム内マネー(=SV coins)を購入することができ、それで一時的なブースト能力を購入したり、Battle Pointsの獲得レートを向上させたり出来る。前作では装備のアンロックに使用された。