映画版MGSの監督「OPSとPWは値する注目を浴びていない」

小島監督自身も”大きく見ればMGSサーガに入るが、細かな所では大きく違う”と発言*1した『METAL GEAR SOLID PORTABLE OPS』と、サーガに入る『METAL GEAR SOLID PEACE WALKER』だが、映画版MGSの監督であるJordan Vogt-Roberts氏はこの2作品に対する見解を示している。

蚊帳の外に置かれているPORTABLE OPSとPEACE WALKERは、最も勇敢かつMGSシリーズに影響を与える2作ですが、PSP(注釈:携帯機向け)というだけで、それに相応しい注目を浴びていないと思うのです。

Twitter

ただ、先の小島監督の見解を補足すると、自身が監督した”A Hideo Kojima Game”のMGSと、単にプロデューサーとして参加しただけの作品を彼の中では「別けて考えている」ということなので、決して「黒歴史」や「無いものとして考えている」ということではないようだ。

▼過去作のレビュー▼

情報元 – Game Informer

*1 METAL GEAR SOLID: PORTABLE OPS – Canon or not? Kojima Answers!

スポンサーリンク

シェアする