スポンサーリンク

(2) かゆいところに指も届かない – MAFIA 3

MAFIA 3 プレイ日記一覧

  1. 復讐劇の始まり
  2. かゆいところに指も届かない
  3. 28時間で完走

関連記事

手抜きカットシーンが多い。

『Watch Dogs 2』が、痒いところに足まで届いていたことを考えると、本作は指さえ届いていない。

関連記事

スポンサーリンク

ゲームプレイ関連

飛び越えられない柵が多い。

現実世界では、防犯目的で上部がギザギザした柵を使うことが多いのかも知れないが、ゲーム世界では単にプレイ意欲を削ぐだけ。

エンジンを掛けるまで操作を受け付けない。

車を盗む際、一度その動作に入るとエンジンを掛けるまで操作を受け付けない。そのため、目撃者が居た場合は、「車を盗む→目撃される→エンジンを掛ける→エンジンを止めて車から降りる→目撃者を追跡する」と手間を要する。

GTAシリーズのように、窓ガラスを割った段階で動作を中断できれば最小限の手間で済むのに。

ファストトラベルがない

最近のオープンワールドゲームにしては珍しく、ファストトラベルがない。目的地まで車で移動したい時もあれば、省略したい時もあるわけで、これもプレイ意欲を削ぐ一因になっている。

ファストトラベル断固拒否なら、燃料システムを取り入れたり、山ほどのランダムイベントを用意するなど、脇道要素を充実させるべき。

カーナビが雑

大通りから外れた脇道や建物の敷地内に居ると、カーナビの表示がバグる。車では通れないような道をハイライトしている時が多々あり、あまり信用できるものではない。

警察の差別が深刻

警官の目の前で敵から攻撃を受けると、たとえ敵に指一本触れていなくても主人公が手配される。

ミッション関連

暗転明けに集中砲火を浴びる。

敵から集中砲火を浴びている時に画面が暗転し、暗転明けに殺される。

チェックポイントの間隔が長い。

チェックポイントの間隔が長く、ミッション中に死亡するとミッション受注後から再開になる。

殺傷・非殺傷の選択が面倒

テイクダウンを決めた際に、敵を「キルするか気絶させるか」をホイール上から選べない。わざわざメインメニューを開いて選ぶ必要がある。『Splinter Cell Blacklist』のように、画面を切り替えることなく選択できるようにすべき。

警戒エリアが色分けされていない

ミニマップ上で、敵の警戒エリアを色付けしてくれていないので、気付かずに足を踏み入れて戦闘になることがある。

手抜きカットシーン

映画的なカットシーンも多いが、手抜きカットシーンも多い。具体的には、主人公と相手を横や後ろから捉えただけのカットシーンが多く、はっきり言ってチープ。

スポンサーリンク
関連記事


シェアする