3つの欠点/ゲーム版『マッド・マックス』をプレイする前に注意すべきこと。

スポンサーリンク

『MAD MAX』をプレイ中に感じた欠点を3つ紹介する。
次の記事>>>MAD MAX レビュー

スポンサーリンク
スポンサーリンク

3つの欠点

反復的なプレイが目立つ

メインミッションでもサイドミッションでも、やること自体は「部品集め」。

基本的には、同じ作業の繰り返しとなり、ハイテンション・テンポだった映画版とは対照的で、荒野で黙々とスカベンジングすることになる。

また、これら以外にもテクスチャを変えただけの中ボスや、場所を変えただけの砦のアップグレードもあり、とにかく素材の使い回しが目立つ。

「決して悪くはないけど良くもないよね」という中途半端な感情を抱き、20時間も遊べばお腹いっぱいになる。

【地雷の除去】が面倒

 

特にサイドミッションの【地雷の除去】が面倒。

  • (改造した)マイカーを使えない。
  • 性能が低い”チャムのバギー”に強制乗車。
  • ファスト トラベルは使用不可。

わざわざは性能が低い車に乗ることを強いられ、ファスト トラベルも不可なので長い距離を移動しないといけない。

ストーリーがイマイチ

開発期間の都合なのか、後半はストーリーが駆け足気味。
「家族」や「決別」と言った重要なテーマを深く掘り下げないまま進むので、置いてけぼり感が強く、主人公の行動や考えに全く共感できない。

スポンサーリンク

まとめ

▼3つの欠点▼

  • 反復的なプレイ内容
  • 一部の面倒な仕様
  • 薄いストーリー性

ただ、ゲーム自体は次のように評価している。

”サバイバル要素”や”砦のアップグレード”など、調理の仕方次第では美味しくなりそうな要素が見られるので、本作をベースにした続編には期待がもてる。

MAD MAX レビュー