スポンサーリンク

これは面白い版権ゲーム – Mad Max (1)

本作のコアとなる格闘戦は、Batman Arkhamシリーズ(以下Batman)の影響を強く受けている。敵の攻撃をYボタンで受けて、そこから反撃に転じていく殴り合いは。正にBatmanのそれだ。厳密には少しだけ勝手は違うが、Batmanの操作性に慣れ親しんだプレイヤーであれば、5分も遊べば自由にMaxを操作できる程度には似ている。

本作とBatmanの格闘戦を比べた際に感じるのは、そのシンプルさ。Batmanでは多数のガジェットを駆使して華麗に戦えるが、その反面操作がやや複雑で取っ付き難さがあった。しかし、本作は余計なガジェットは殆ど登場せず、格闘戦は実にシンプルな仕上がりになっており、それが非常に遊びやすい。

確かに、ガジェットや技を駆使するのでBatmanの方が派手ではあるが、単純な操作で映画のワンシーンを演じれる点では本作も負けておらず、そのシンプルさがとても良い。

ゲームプレイの半分を占める(?)、カーチェイスは『Assassin’s Creed IV: Black Flag(AC IV)』の海戦に近い印象を受ける。敵の車を撃破して、その部品で自分の車を強化していくことを繰り返す点、体当たりや銃で戦うカーチェイスなどがよく似ており、プレイ感覚は「車版AC IVの海戦」に近い。

同じことの繰り返しは気になるが、非常に丁寧な作りで第一印象は良い。小気味よい効果音や滑らかなアニメーション、淡白なサイドミッションも含めてよく出来ており、「これは面白い版権ゲーム」だ。

– 

スポンサーリンク
関連記事


シェアする