“もう遊べない”小島監督の『P.T.』がファンリメイクで復活。

スポンサーリンク

すでに配信が終了している『P.T.』の「リメイク」が登場

廊下や回廊を意味する『Corridor』と名付けれたリメイク版は、SmoggyChips氏がUnreal Engine 4を用いて『P.T.』を完全リメイクした作品になっており、このリメイクでも、プレイヤーは”アメリカ史上、最も残忍な事件が発生した屋敷”を探索し、その呪われた屋敷の秘密を究明することになる。

そもそも『P.T.』とは、2014年のE3で電撃的に発表され、大きな話題を呼んだホラーゲーム。

小島秀夫監督が手掛ける”はずだった”Silent Hillsシリーズ最新作の「予告編」として無料公開され、その最恐演出と難解なトリックがYoutubeSNS上で話題を集めたのだが、その後のゴタゴタによって計画自体が頓挫し、配信自体も2015年に終了した”幻のホラーゲーム”。

開発者によれば、今後もコンテンツを追加していく計画があるとのこと。

SIE「こんな早いペースで作るのは見たことがない」。『DEATH STRANDING』はハイペースで開発中。
SIE「こんな早いペースで作るのは見たことがない」。