プラチナゲーム「ズ」の神谷英樹氏が『バイオハザード2』の開発秘話を語る。

プラチナゲーム「ズ」の神谷英樹氏が『バイオハザード2』の開発秘話を語る。

スポンサーリンク

Biohazard 2より。©CAPCOM

今月で発売20周年を迎えた『Biohazard 2』。

同作を監督した現プラチナゲームズの神谷英樹(@PG_kamiya)氏は、自身のTwitter上で当時の出来事を振り返るTweetをしている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Biohazard 2の開発秘話

神谷氏のTwitter。

 

RE2 was the first game I got to direct, so it holds a special place in my memories. I was only 25 at the time and had very little experience, so I was so preoccupied with being a director I didn’t really get to enjoy the job. (2/16)

RE2は初めて監督した作品なので、とても記憶に残っています。私は当時25歳で経験も少なかったので、頭がいっぱいでその仕事を楽しむことは出来ませんでした。

Twitter

 

I also made many wrong decisions, and I’m sure you all know we even had to start from scratch at one point (the canned version later became known as Resident Evil 1.5). (3/16)

私は誤った決定も下しました。そして皆さんもご存知の通り、私たちはその時点でイチから開発しないといけませんでした。(キャンセルされた版は後のResident Evil 1.5)

Twitter

 

Fortunately, Mikami and the scenario writer Noboru Sugimura, as well as many other staff members, came to my rescue, so we were able to wrap up the project safely before unleashing it on the world. (4/16)

幸いにも三上(真司)、シナリオライターの杉村升や他のメンバーも救援に駆け付け、発売中止になる前にこのプロジェクトを無事に仕上げることが出来ました。

Twitter

 

Sugimura was old enough to be my dad, and when he looked at RE 1.5 in the early stages of development, he was the one who advised me to start over, and he gave us all the courage to actually do so. (5/16)

杉村は私の父親ほどの年齢で、開発段階のRE 1.5を見て私にやり直しを進言した一人であり、私たちにそれをやるための勇気を与えてくれました。

Twitter

 

After that, he and I were pretty much cooped up in a meeting room for several weeks straight, yelling at each other from time to time (all the time?), and going out for drinks after work (and yelling some more) before finally wrapping up the script. (6/16)

それの後、彼と私は息苦しいミーティングルームに数週間篭り、ときどきお互いを怒鳴り(常に?)、仕事(そしていくらかの怒鳴りあい)の後は飲みに行きました。脚本がようやく完成する前の話です。

Twitter

 

I had no sense or knowledge of script writing whatsoever, so I just used my youthful vigor to push through, and Sugimura was never afraid to come at me head-first, which was a huge help. (7/16)

私は脚本を書くセンスや知識が無かったので、若さゆえの気力で押し通しましたが、杉村は決してそれを恐れず、そのことは私の大きな助けになりました。

Twitter

 

I learned a great many things from him, and I would go on to utilize his teachings when writing the scripts for DMC, Viewtiful Joe, and Okami as well. (8/16)

私は彼から多くを学び、DMC、Viewtiful JoeやOkamiの脚本を執筆する際は彼の教えが役立ちました。

Twitter

 

Unfortunately, Sugimura passed away just as I was working on Okami. To this day, I still wonder what he would’ve told me if he’d had a chance to play that game. (9/16)

残念ながら杉村は、私がOkamiを制作している最中にこの世を去りました。今日に至るまで、もし彼がその作品をプレイする機会があれば、私に何を言うだろうかと思い続けています。

Twitter

 

I have so many memories about RE2… It also marked the first time at Capcom for recording English VO overseas, so we were figuring stuff out as we went along. It was my first time going abroad for work. (10/16)

RE2の思い出はたくさんあります。CAPCOMで初めて英語音声の収録を監督したので、私たちはその作業が進むに連れてそれを理解していきました。

それは私にとって初の海外での仕事でした。

Twitter

 

I vividly remember on the first day we arrived at the studio in Canada, our interpreter suddenly said “I’ve got a stomachache so I’m going back to the hotel,” so I basically had to direct the voice recording session with gestures and broken English… (11/16)

カナダのスタジオに到着したその日を鮮明に覚えています。私たちの通訳が「体調を崩したのでホテルに戻る」と言ったので、私はジェスチャーとブロークンイングリッシュ(※不正確な英語)で音声収録を監督しないといけませんでした。

Twitter

 

During the session, I added Claire’s line “Chris, I have to find you” without getting Sugimura’s approval, and since he was already writing the story for Code: Veronica, he yelled at me because he had to change the script just because of that line. (12/16)

その収録中、杉村不在の中で私はクレアの台詞に”Chris, I have to find you”を付け加えました。杉村は激怒しました。というのも、彼はすでにCode: Veronicaの脚本を執筆中で、私が追加した台詞のせいで書き直しを余儀なくされたからです。

Twitter

 

Because I was so young, I wasn’t afraid to do anything, so I set some big goals for myself, recklessly introducing the “zapping system,” which suddenly forced us to put the game on two discs instead of one in the final stage of development. (14/16)

私は大きなゴールを自分自身に課しました。私はとても若く、何事も恐れていなかったからです。開発の最終段階にも関わらず、無謀にもザッピングシステムを採用してディスクを2枚組にしました。

Twitter

 

To escape from the stress of work, I started drinking brandy on the rocks every night, arriving at the office with a hangover the next day, and sleeping in an empty meeting room during lunch break. Ah, how young I was! (15/16)

仕事のストレスから逃れるため、私はブランデーをロックで毎晩飲み、二日酔いの中で職場に行っていました。昼休みには空のミーティングルームで眠っていました。なんて若かったんだ!

Twitter

 

All of these memories are irreplaceable treasures to me. There is no greater honor for me than seeing how much all of you still love RE2 to this day. I’ll keep working hard so I can bring you many more games of the same caliber! (16/16)

それらの記憶は全てかけがえのないものものです。今なおRE2にゾッコンな皆様を見ることより、光栄なことはありません。同じようなゲームをもっとお届けすべく、私は努力を続けます。

Twitter

スポンサーリンク

神谷氏はリメイク版にも言及

現在、開発中とされるリメイク版『Biohazard 2』にも言及している。

https://kakihey.com/entry/new-biohazard-will-announce/

I went drinking with him last year & told him “Do as you like”. That’s the way directors should do. I trust him & his team 😉

去年、私は彼(リメイク版のディレクター?)と飲みに行き、「君のやりたいようにやればいい」と話しました。それは監督がすべきこと。私は彼と彼のチームを信頼している。

Twitter