私が『人喰いの大鷲トリコ』を2度とプレイしない理由。

先日クリアした『人喰いの大鷲トリコ』は、私のベスト3に入れるほど大好きな作品となった。

12時間以上にも上るトリコとの大冒険は、生涯忘れることのない思い出となり、”あれ”から1週間以上経過した今も、ペットロスならぬ”トリコ ロス”に近い感情を抱いており、それを感じながらキーボードを叩いている。

確かに、トリコはビデオゲームに登場する架空のキャラクターだ。しかし、私はトリコが本物の生き物のように感じられたし、トリコが痛めつけられれば私自身もその痛みを感じていた。

私はそれほど”濃い関係”を築くことが出来たと思っているわけだが、私は”トリコ ロス”を埋めるために再プレイすることは2度とない。

それはなぜか…?

それは次に会うとき、トリコはあの冒険を覚えていないからだ。

まず、『人喰いの大鷲トリコ』には引き継ぎが存在しない。したがって、一度冒険を終えるとそれでお終いだ。これは”トリコとの冒険は人生で一度きりのもの”という上田文人(@fumito_ueda)氏からのメッセージなのかも知れないが、一度きりだ。

ということは、私がトリコと再会できるのは”このゲームをゼロからスタートした”時となり、次に会うとき、残念ながらトリコは私のことも、あの冒険のことも覚えていない(知らない)のだ。

私はこれまでと同じようにトリコと接するが、相手はまるで他人同然の反応を見せる。この一方通行に耐えることが出来ない。

だから、私はこのゲームを2度とプレイすることはない。

次の記事>>>人喰いの大鷲トリコ レビュー

スポンサーリンク

シェアする