マガジンスタイルの有料WordPressテーマ「Newspaper」を紹介。

昨日、当ブログのテーマを「Newspaper」に変更。

約8千円のこのテーマは、あなたのブログのトップページをマガジンスタイルに変更し、様々なコンテンツを扱うマルチメディア化への手助けをしてくれる。

もし、あなたが…

  • 様々なネタを扱うブログを運営している
  • 将来的にはブログをマルチメディア化したい
  • トップページにジャンル毎の新着記事を表示させたい

と思っているのなら、この有料テーマを買わない理由はないはずだ。

逆に…

  • 完全なる日記ブログを運営している
  • ある特定のジャンルのみを扱っている

という場合は、無料かつ完成度の高い「Simplicity」でも全く問題ない。

1.themeforestから購入する。

themeforest」は、WordPressの有料テーマを販売しているWebサイト。

同サイトの会員登録を済ませ、その後に「Newspaper」を購入する。購入が完了すると、自身のアカウント内の「Downloads」に商品が追加される。

2.Newspaperをインストールする。

  1. 「Downloads」を開く。
  2. 「All files & documentation」と「License certificate & purchase code (text)」をダウンロードし、解凍する。
  3. 「Newspaper.zip」がテーマ本体、それをWordPressにインストールする。

2-2.ローカル環境を用意する

  1. 「Local」や「Instant WordPress」を自身のPCにインストールする。
  2. そこへ上記と同じ方法で、「Newspaper」をインストールして有効化する。
  3. ダッシュボードに追加された「Newspaper」を開く。
  4. 「Newspaper demos」へ進み、好みのテーマを選択する。
  5. “Include content”にチェックを入れ、テーマをインストールする。

3.tagDiv Composerでトップページをカスタム

まずは、ローカル環境にインストールしたWordPressをカスタマイズし、その後にカスタマイズを自身のWordPressにコピペする。

3-2.tagDiv Composerを起動する。

  1. 固定ページを開き、「HOME」を編集する。
  2. 記事タイトル下付近にある「TAGDIV COMPOSER」をクリックする。

3-3.実際にカスタマイズしていく

  1. 左側にツールバーがあり、そこのBlock等をお好みで配置していく。
  2. 各Blockで表示したい記事やカテゴリは、「Filter」から制御できる。
  3. 各Blockのタイトルは、「General」で変更可能。

基本的には、左側のBlockを右側のページへドラッグアンドドロップしていくだけ。

※「Theme panel」の方では、広告や配色等の細かな設定が出来る。

4.完成したカスタマイズをコピペする

  1. カスタマイズ完了後、保存した上でビジュアルエディタまで戻る。
  2. ビジュアルエディタの表示を「テキスト」に変更し、全てをコピーする。

4-2.自身のWordPressにテーマをインストールする。

  1. 自身のWordPressでも「Newspaper」を有効化する。
  2. “Include content”にはチェックせず、ローカル環境と同じテーマをインストールする。
  3. 固定ページの「HOME」を開く(無い場合は作成)。
  4. ビジュアルエディタを「テキスト」に変更し、4でコピーしたコードをペーストする。
  5. 「HOME」を公開する。
  6. 「設定」->「表示設定」と進み、「ホームページの表示」を固定ページに変更し、ホームページを「HOME」に変更する。

ライセンスを有効化する。

  1. 最初にダウンロードした「License certificate & purchase code (text)」を開く。
  2. その中の”Registration key”をコピーする。
  3. 「Newspaper」->「system status」と進み、「Registration key」にそれをペーストする。

以上。

その他

現バージョンでは、「Google」の「関連コンテンツユニット」はサポートされていない。

したがって、それを利用したい場合は、無料プラグイン「Add Widget After Content」をインストールする必要がある。※cssで中央寄せ

スポンサーリンク

シェアする