【NVIDIAユーザー向け】GeForce Experienceを使ってYoutubeで”高画質”配信する方法。

SHARE

【NVIDIAユーザー向け】GeForce Experienceを使ってYoutubeで”高画質”配信する方法。

前提条件

  • GTX650以降のグラフィックボード所有者。
  • Youtubeのアカウントを持っている。
  • GeForce Experienceのアカウントを持っている。

「GeForce Experience」を起動し、設定画面(歯車マーク)を開く。左側のメニューにある「全般」にクリックし、その中にある「シェア」を有効にする。

「シェア」の項目の中にある「設定」をクリックする。そして「接続する」をクリックする。

一覧の中から「Youtube」を選択する。

別画面が開くので指示通りに進む。

最終確認画面。この内容に問題が無ければ「許可」をクリックする。ちなみに、画面上部のアイコンの左側は人によって異なるので安心して欲しい。

「インスタントプレイ(旧Shadowplay)」を実行中の場合、ブロードキャストは開始できない。

「インスタントプレイ」を停止するには、この記事の一番上の画像のところまで戻る。「シェア」内の「設定」を押して設定画面を出し、右上の「完了」を押すと画像と同じ画面が出る。

この画面の一番左の「インスタントプレイ」をクリックして、「オン」を「オフ」に切り替える。

一つ上と同じメニュー画面を開く。そして一番右の「ブロードキャスト」をクリックすると、カスタマイズ画面が表示されるので、自分の環境に合った設定を選ぶ。

個人的には1080p/60fpsあれば十分だと思う。

デフォルトでは「Alt+F8」を一度押すとブロードキャスト開始、もう一度押すとブロードキャスト停止。

ここで設定するタイトルは、そのまま配信番組のタイトルになる。オーディエンス設定に関しても同じで、ここでパブリックにすると一般公開される。

以上。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です