(1) いまいち乗り切れない – Horizon Zero Dawn

シェアする

世間的には好評で、プレイ前の期待値も高い方だったのだが、いざ遊んでみるといまいち乗り切れないでいる。確かに物語やゲーム世界には惹かれるのだが、肝心のゲームプレイ面に面白さを見出すことが出来ず、「始めた以上は最後まで遊ぼう」という消極的な理由で進めている。

これの原因はいくつか思い当たるが、ざっくり言えば「広く浅い」ことが挙げられる。サイドクエストは『ウィッチャー3』の焼き直しに近く、周囲をスキャンして痕跡を辿っていくことに終始するだけで、台詞の選択も(今のところ)特に意味があるようには思えない。

それ以外にも、アサシンクリード的なパルクールを取り入れながらも、所定の場所以外では登れずに遠回りさせられることがあったり、機械の馬は定期的に捕獲しないといけなかったりする。また、ファストトラベルはアイテムを消費するので積極的に使えない、走った状態のままアイテムを回収できないのでテンポが悪いというのもある。

様々なゲームのいいとこ取りと見せ掛けて、実際は惜しいコピーになっているので、決して「面白くない、つまらない」わけではないが、手放しに良いゲームとも言い切れないところがある。

肝心の機械との戦闘は面白い。標準難易度でも敵の一撃は大きく、主人公をグリグリと動かして相手の攻撃を避ける必要があり、攻撃に転じて敵の急所を狙う際も数秒の世界なので、非常に緊張感がある。

また、倒した敵からアイテムを回収する際のハクスラ要素や、集めた部品で何かを作成するクラフト要素も面白く、この部分は流石によく出来ていると感じる。ただ、凶暴な機械がエリアを闊歩しているおかげで、移動が実に面倒臭いことになっているのは玉に瑕ではあるが…。