【軽量化】低スペックPCで快適にGTA5をプレイする方法【重い】

低スペックPC対策
スポンサーリンク

スポンサーリンク
  • グラフィック設定を調節する
  • 低スペックPC向けModを導入する

この二通りの方法で、PC版『グランド・セフト・オート5』を低スペックPCでプレイする方法を紹介。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【GTA5】低スペック向けTips

まず、目指したい状態は30fpsの死守。
フレームレートが30fpsを下回ってしまうと、目に見えて画面のガクガク感が増すので。

グラフィック設定を調整する

優先度は【解像度】=>【アンチエイリアス】=>【草の精密度】=>【描写距離】=>【テクスチャの解像度】=>【影の品質】の順。

各設定の違いは【PC版『Grand Theft Auto V』のグラフィック設定を超高~最低まで画像で紹介】で確認して欲しい。

30fpsの死守に成功した場合

次は【PCゲームを”滑らかな”30fpsでプレイする方法】を読む。
この記事では”30fpsでも滑らかに感じられるようにする”方法を紹介しているので、それで仕上げる。

低スペックPC向けModを導入する

▼準備▼

  • 一度ゲームを起動する。
  • Windows 10の「ドキュメント」内に「Rockstar Games」フォルダが作成されたことを確認。
GTA V for Super Low PC’sダウンロード
  1. ダウンロードしたファイルを解凍する。
  2. 「Documents」フォルダと「GTA 5 Directory」フォルダを確認。
  3. 「Documents」フォルダ内の「Rockstar Games」フォルダをコピーする。
    1. ↑を「ドキュメント」に貼り付ける。
  4. 「GTA 5 Directory」フォルダ内の「commandline.txt」をコピーする。
    1. ↑をゲームのインストール先にコピーする。
      例:steamapps\common\Grand Theft Auto V

関連記事>【Steam】ゲームのインストール先を確認する方法

描写距離を伸ばす

Modの設定のままでは描写距離が非常に短い。
なので、車で飛ばした際は画像(↑)のように表示が乱れてしまう。

  1. 「settings.xml」をメモ帳で開く。
  2. 「MaxLodScale value」でページ内検索する。
    ※Ctrl+F
  3. 数値を~1.000000までの間で調整する。
    ※あまり上げすぎると低スペック対策の意味が無くなるので注意。
  4. 「上書き保存」して終了。
スポンサーリンク

まとめ

以上、「低スペックPCで快適にGTA5をプレイする方法」でした。

イメージとしては”むりやり高解像度化したPS1時代のゲーム”。
けれども、当然ながらグラフィック以外の部分はそのままなので、意外と違和感なく遊べる(個人的には全然アリ)。

「ガクガクすぎて遊べない!」と諦めてしまう前に挑戦してみて欲しい。

関連記事>>>定番のおすすめModを導入方法も含めて一気に紹介