【三部作を総復習】『グランド・セフト・オート トリロジー 決定版』までにIII、バイスシティ、サンアンドレアスを振り返る

ゲームレビュー
ゲームレビュー
この記事は約9分で読めます。
原題Grand Theft Auto: The Trilogy – The Definitive Edition
対応機種PC,PS,Xbox,Switch etc
対応言語英語, スペイン語(スペイン), ポーランド語, 簡体字中国語, フランス語, ロシア語, 韓国語, イタリア語, 日本語, 繁体字中国語, ドイツ語, ポルトガル語(ブラジル), メキシコスペイン語

シリーズの礎を築いた『グランド・セフト・オートIII』『グランド・セフト・オート バイスシティ』『グランド・セフト・オート サンアンドレアス』の三作品がリメイクされ、『グランド・セフト・オート トリロジー 決定版(公式サイト)』としてシリーズに新たに加わる。

この三作品は、シリーズやジャンルにおける記念碑的な作品であり、それぞれが”ゲーム史に残る偉大な作品の一つ”と言っても過言ではない。

この記事では、「トリロジー 決定版」に収録される三作品を振り返っていく。

スポンサーリンク

トリロジー収録作を振り返る

グランド・セフト・オートIII

原題Grand Theft Auto III
対応機種PC,PS2 etc
プレイ時間15時間~
ストーリー銀行強盗に成功するも仲間に裏切られ、一人逮捕された主人公。幸運にも、主人公が乗っていた護送車が何者かに襲撃され、脱獄に成功する。主人公はリバティーシティの裏社会に潜り込み、自身を裏切った者たちを追跡する。

3Dグラフィックへと完全移行した『グランド・セフト・オートIII』は、ある意味、全ての始まりであり、現在の「グランド・セフト・オート」を始め、後のオープンワールドゲームの基礎となった。

  • 現実世界をモデルにしたオープンワールド
  • オープンワールド内に様々なコンテンツがあり、それらを遊ぶも、遊ばないも自由

こうした作風は、『グランド・セフト・オート』や『グランド・セフト・オート2』と全く同じなのだが、やはり3Dグラフィック化され、リアリティが格段に増したことで、この世界での生活を楽しんだり、秩序を乱したりする面白さが生まれており、過去作とはまた別物。

現在では今作の影響を受けた作品がたくさん存在するので、今遊ぶと味気なく感じるかも知れないが、当時はリアルなゲーム世界があり、そこで好き勝手遊べること自体が衝撃的だった。

そうした革新的な部分は、時代を経た今では失われてしまったが、今作のゲームデザインは、後のシリーズやジャンルのスタンダードとなり、今でも受け継がれている。

関連記事>>>【評価・感想】『グランド・セフト・オート3/GTA3』レビュー

3D Universe

なお、今作から『グランド・セフト・オート バイスシティ ストーリーズ』までは、”3D Universe”と呼ばれる第二世代になり、同じ世界を共有し、ストーリー的な繋がりもうっすらとある。

created by Rinker
テイクツー・インタラクティブ・ジャパン
¥8,770 (2021/11/29 16:42:39時点 Amazon調べ-詳細)

グランド・セフト・オート バイスシティ

原題Grand Theft Auto Vice City
対応機種PC,PS2 etc
プレイ時間19時間~
ストーリー15年の刑期を勤め上げ、出所したトミー・ベルセッティ。しかし、彼が忠誠を誓った組織はトミーを邪魔者として扱い、彼をバイスシティへと追いやってしまう。トミーはバイスシティで再起すべく、裏社会で大暴れする。

“III”の大ヒットを受けて、翌年に『グランド・セフト・オート バイスシティ』が発売された。

開発期間が1年未満ということで、『グランド・セフト・オートIII』をベースにした続編ではあるが、前作の大ヒットで得た資金を注ぎ込んだ”リッチさ”は見事で、誰でも一度は聞いたことがあるような曲がラジオから溢れ、ミッションの方でも、ハリウッドスターが声を吹き込んだキャラクターが次々と登場する。

今作のグラフィックは、ブラウン管テレビで観た古い映画を思い起こさせるものがあり、今作を遊んでいると、”昔テレビで観た”海外の映画やドラマをゲームとして遊んでいるような気分になる。

ただ、もっとも特徴的なのは、主人公が喋るようになったこと。

今作の主人公にはトミー・ベルセッティという名前があり、その声はレイ・リオッタが吹き込んでいる。

ムービー中は喋りまくりで、それ以外の時も一言二言喋るので、主人公のキャラクター性は強烈で、モニターの中には、トミーという人物がはっきりと存在している。

主人公が喋るようになったことで、他のキャラクターとの掛け合いが生まれ、ムービーを通してストーリーを描くことが可能になり、映画的なストーリーを、ゲームとして表現することができるようになった。

また、主人公にキャラクター性が生まれたことで、今作では、主人公になり切るゲームという側面が強くなり、どの瞬間も、プレイヤーは彼のロールを演じるなり切りゲームにもなった。

続編以降の「グランド・セフト・オート」はもちろん、『レッド・デッド・リデンプション2』に至るまで、プレイヤーが主人公になり切り、そのロールを演じる点は一貫しており、Rockstar Games作品における主人公の描き方は、トミー・ベルセッティが走りと言える。

今作は、このように映画的な表現手法を取り入れ、新しい主人公像を作り上げた点が特徴で、このシリーズの方向性を決定付けた一作になっている。

関連記事>>>【評価・感想】『グランド・セフト・オート バイスシティ/GTA VC』レビュー

created by Rinker
テイクツー・インタラクティブ・ジャパン
¥8,770 (2021/11/29 16:42:39時点 Amazon調べ-詳細)

グランド・セフト・オート サンアンドレアス

原題Grand Theft Auto San Andreas
対応機種PC,iOS,Android etc
プレイ時間31時間~
ストーリー一切合切を捨て地元から逃げたCJ(カール・ジョンソン)は、母の訃報を知り、5年ぶりに帰ってくる。この5年間で、かつて所属していた「グローブ・ストリート・ファミリーズ」は衰退し、街の様子も様変わりしていた。CJは、「グローブ・ストリート・ファミリーズ」の復活に力を注ぐ兄(スウィート)に協力しながら、他方では、自身を脅迫する悪徳警官たちの仕事もこなしていく…。

演出面が開花した”バイスシティ”から約2年後に、『グランド・セフト・オート サンアンドレアス』が発売された。

今作は、”III”以降の集大成と言っても良い作品。

広大なオープンワールドや、何十時間も遊べる山ほどのコンテンツ、多種多様なメインミッションからなるストーリーなど、グランド・セフト・オートIII』と『グランド・セフト・オート バイスシティ』を足してもまだ足りないくらい規模の大きな作品になっている。

特にオープンワールドは圧巻で、「ロスサントス」「サンフィエロ」「ラスベンチュラス」と言った三大都市に加えて、郊外に広がる田舎や砂漠地帯まであり、それらがロード画面なしで一つのマップに収まっている。

“お気に入りの乗り物に乗り込み各地を転々とする”というロードムービーのような旅が楽しめるのは、今作だけ。

あとは、カジュアルなRPG要素の導入も今作の特徴。

主人公の体型は食事やトレーニングなどによって変化し、スキルは、プレイスタイルに合わせて自動的に伸びていくなど、RPG面が強化されている。

これまでの要素を全て取り込み、新しいものも貪欲に取り入れた今作は、このシリーズの一つの到達点であり、シリーズやジャンルの金字塔とも言える作品になっている。

関連記事>>>【評価・感想】『グランド・セフト・オート サンアンドレアス/GTA SA』レビュー

created by Rinker
テイクツー・インタラクティブ・ジャパン
¥8,770 (2021/11/29 16:42:39時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

トリロジーの見所は

この三作品が「トリロジー 決定版」に収録されている。

三作品それぞれが、『グランド・セフト・オートIV』以降の「グランド・セフト・オート」にはない特徴を持っているので、今からでもこれらを遊ぶ価値は十分あるし、私のようにオリジナル版をすでに遊んだ者でも、今風に一部アレンジされるということで、それを楽しみに遊ぶこともできる(はず)。

ただ、欲を言えば”ストーリーズ”も欲しい。

『グランド・セフト・オート サンアンドレアス』の後に、『グランド・セフト・オート リバティーシティ ストーリーズ』『グランド・セフト・オート バイスシティ ストーリーズ』が発売されていて、この二作品は『グランド・セフト・オートIII』と『グランド・セフト・オート バイスシティ』の前日譚にあたる。

特に「バイスシティ ストーリーズ」は、「バイスシティ」のストーリーを上手く補足してくれるので、割りと重要度の高い作品になっている。

「トリロジー 決定版」に合わせて、”ストーリーズ”の方も期待したいところ。

▼関連記事▼

created by Rinker
テイクツー・インタラクティブ・ジャパン
¥8,770 (2021/11/29 16:42:39時点 Amazon調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました