【2018年版】オススメのPCゲームをジャンル別にベスト5形式で発表。各ジャンルの名作・人気作を一挙紹介!

スポンサーリンク

▼ポイント▼

  • 各ジャンルのベスト5を紹介。
  • 実際にプレイしたゲームのみ紹介。
    • レビュー記事も用意!
  • シングル、もしくはソロプレイ多め。

注意点:私は海外ゲームを中心にプレイしているので、洋ゲーに偏ったランキングになっている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  1. シューティング
    1. 【1位】マックス・ペイン3
    2. 【2位】Crysis
    3. 【3位】クォンタム ブレイク
    4. 【4位】メトロ リダックス
    5. 【5位】アラン ウェイク
  2. アクションゲーム
    1. 【1位】ライズ オブ ザ トゥーム レイダー
    2. 【2位】トゥーム レイダー
    3. 【3位】マフィア 3
    4. 【4位】マッド・マックス
    5. 【5位】マフィア 2
  3. オープンワールド
    1. 【1位】ウォッチ ドッグス 2
    2. 【2位】バットマン アーカム ナイト
    3. 【3位】グランド・セフト・オート 4
    4. 【4位】アサシンクリード オリジンズ
    5. 【5位】ゴースト リコン ワイルドランズ
  4. RPG
    1. 【1位】ウィッチャー3 ワイルドハント
    2. 【2位】フォールアウト 4
    3. 【3位】デウスエクス
    4. 【4位】Prey
    5. 【5位】フォールアウト 3
  5. ステルスゲーム
    1. 【1位】METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN
    2. 【2位】ヒットマン ファースト シーズン
    3. 【3位】METAL GEAR SOLID V: GROUND ZEROES
    4. 【4位】ディスオナード
    5. 【5位】スプリンターセル ブラックリスト
  6. アドベンチャーゲーム/ストーリー重視
    1. 【1位】ライフ イズ ストレンジ
    2. 【2位】人喰いの大鷲トリコ
    3. 【3位】ウォーキング・デッド
    4. 【4位】HEAVY RAIN 心が軋むとき
    5. 【5位】Her Story
  7. クラシックゲーム
    1. 【1位】Grand Theft Auto San Andreas
    2. 【2位】Mafia: The City of Lost Heaven
    3. 【3位】Hitman Blood Money
    4. 【4位】Bioshock
    5. 【5位】Deus Ex
  8. ランク外
    1. Alan Wake’s American Nightmare
    2. アサシンクリード ローグ
    3. アサシンクリード ユニティ
    4. アサシンクリード シンジケート
    5. バットマン アーカム ビギンズ
    6. デウスエクス マンカインド・ディバイデッド
    7. event [0]
    8. Fallout New Vegas
    9. Grand Theft Auto V
    10. Hitman Contracts
    11. Murdered: Soul Suspect
    12. Replica
    13. Sleeping Dogs
    14. Splinter Cell Chaos Theory
    15. Splinter Cell Conviction
    16. The Evil Within
    17. Watch Dogs
  9. 関連記事

シューティング

【1位】マックス・ペイン3

▼要点▼

  • オールドスクールなTPS。
    • 要するにコアなシューターファン大歓迎の内容。
  • ハードボイルドなストーリー。
    • ブラジルの内情を反映したシリアスな粗筋。
    • アル中でヤク中の元刑事マックス・ペインの復讐劇。

関連記事>>>マックス・ペイン3 レビュー

【2位】Crysis

▼要点▼

  • 南国の島を舞台にした自由度の高いFPS。
    • ジャングルでのゲリラ戦や真夜中のスナイパープレイまで。
  • 見所は2つ。
    • 特殊能力を駆使した超人プレイ。
    • リアルタイムで行える銃のカスタマイズ。

関連記事>>>クライシス レビュー

【3位】クォンタム ブレイク

▼要点▼

  • ゲームとドラマが融合したユニークな作品。
    • 舞台は”時間が崩壊した”世界。
    • 全4話(各話約30分)のミニドラマを収録。
  • 特殊能力を駆使したゲームプレイが魅力。
    • マックス・ペイン顔負けの時間を武器した戦闘。
    • 時間を活用したパズル。

関連記事>>>クォンタム ブレイク レビュー

【4位】メトロ リダックス

▼要点▼

  • 核戦争のロシアを舞台にしたFPS。
    • 人々は荒廃した地上ではなく、地下鉄で暮らしているユニークな設定。
  • ハード・コアなゲームプレイ。
    • 射撃の腕のみならず、リソース管理やステルスプレイも重要。
      • AIの能力も高い評価を受けている。

関連記事>>>メトロ2033 レビュー

【5位】アラン ウェイク

▼要点▼

  • スティーブン・キング的なサイコ・スリラーが特徴。
    • アメリカの田舎町で猟奇的な事件に巻き込まれる。
  • 懐中電灯と銃を活用するユニークなシューティングゲーム。

関連記事>>>アラン ウェイク レビュー

スポンサーリンク

アクションゲーム

【1位】ライズ オブ ザ トゥーム レイダー

▼要点▼

  • 元祖ゲーム版インディー・ジョーンズ的な内容。
    • 冒険、戦闘、爆発。
  • コンテンツがてんこ盛り。
    • 遺跡探索や謎解き。
    • ノンストップのキャンペーン。

関連記事>>>ライズ オブ トゥームレイダー レビュー

【2位】トゥーム レイダー

▼要点▼

  • 元祖ゲーム版インディー・ジョーンズ的な内容。
    • 冒険、戦闘、爆発。
  • コンテンツがてんこ盛り。
    • 遺跡探索や謎解き。
    • ノンストップのキャンペーン。

関連記事>>>トゥームレイダー レビュー

【3位】マフィア 3

  • 60年代のアメリカ南部が舞台。
    • 当時の黒人文化と、彼らに対する差別を反映した世界。
    • 様々な国の文化が入り乱れるニューオリンズ。
  • プレイ面は自由度を重視。
    • アクションでもステルスでもプレイ可能。
      • シューティングの出来には注目。

関連記事>>>MAFIA 3 レビュー

【4位】マッド・マックス

  • あの世界を再現。
    • 原作を忠実に再現したイカれた世界。
    • カスタムした車で荒野を激走。
  • カーチェイスと格闘戦が魅力。
    • 格闘戦はバットマン アーカム風で熱中できる。
    • 敵の車両を破壊して周るカーチェイスも面白い。

関連記事>>Mad Max レビュー

【5位】マフィア 2

▼要点▼

  • 往年のマフィア映画にインスパイアされた作品。
    • 忠誠、裏切り、復讐のストーリー。
  • マフィア映画を想起させるキャンペーン。
    • 激しいカーチェイスや銃撃戦。

関連記事>>>マフィア 2 レビュー

スポンサーリンク

オープンワールド

関連記事>>>おすすめオープンワールドゲームをまとめて紹介。

【1位】ウォッチ ドッグス 2

▼要点▼

  • 自由度の高いプレイ
    • アクション、ステルス、ハッキングでプレイ。
    • 生かすも殺すもプレイヤー次第。
  • 舞台のサンフランシスコ
    • 圧倒的な作り込み。
    • 量より質のコンテンツ。

関連記事>>>ウォッチ ドッグス 2 レビュー

【2位】バットマン アーカム ナイト

▼要点▼

  • 質の高いアクションゲーム
    • バットモービルとの共闘。
    • やり込み上等の格闘戦。
  • コンテンツ盛りだくさん。

関連記事>>>バットマン アーカム ナイト レビュー

【3位】グランド・セフト・オート 4

▼要点▼

  • 映画顔負けの一作。
    • 冷徹なクライムもの。
    • カーチェイスや銀行強盗など何でもアリ。
  • 舞台のリバティ シティ
    • New Yorkを忠実に再現。
    • 住民の息遣いが聞こえるほどの作り込み。

関連記事>>>グランド・セフト・オート 4 レビュー

【4位】アサシンクリード オリジンズ

▼要点▼

  • 舞台はエジプト。
    • 広大で、探索すべきエリアが盛りだくさん。
      • 三大ピラミッドやスフィンクスなど馴染みのスポットも。
    • 当時を生きた野生動物も数多く登場。
  • 硬派なアクションゲーム。
    • ダークソウル系の硬派なアクション。
    • アクション/ステルスで進められる自由度の高さ。

関連記事>>>アサシンクリード オリジンズ レビュー

【5位】ゴースト リコン ワイルドランズ

▼要点▼

  • 自由度の高いゲームプレイ。
    • 部隊を引き連れてのタクティカル シューター
    • 陸海空から攻略できる。
    • 最大4人のCo-opプレイに対応。
  • 舞台のボリビアは広大で美しい。

関連記事>>>ゴースト リコン ワイルドランズ レビュー

スポンサーリンク

RPG

【1位】ウィッチャー3 ワイルドハント

▼要点▼

  • ダークファンタジー系RPGの傑作。
    • 骨肉の政争や人間模様を描くストーリー。
      • ストーリーは選択によって変化していく。
  • 硬派なアクションゲーム
    • ソウル系とも言われるマニア向けのアクション。
    • 巨大なモンスターとの死闘。

関連記事>>>ウィッチャー3 ワイルドハント レビュー

【2位】フォールアウト 4

▼要点▼

  • 自由度の高いオープンワールド系RPG。
    • 核戦争後のボストンを自由に探索。
    • ミュータントやレイダーなどの危険でいっぱい。
  • 豊富なコンテンツ。
    • マインクラフト的な開発要素。
    • シューティング、ハクスラ要素。

関連記事>>>フォールアウト4 レビュー

【3位】デウスエクス

▼要点▼

  • 自由度の高いオープンワールド系RPG。
    • ディストピアな世界観が魅力。
    • 人体改造やAIの問題点を描く社会派のストーリー。
      • ストーリーは選択によって分岐する。
  • とにかく自由度が高い。
    • 様々なスキルを組み合わせて攻略法を創造する。
    • 発想力をそのままプレイに反映できる。

関連記事>>>デウスエクス レビュー

【4位】Prey

▼要点▼

  • 自由度の高いRPG。
    • 主人公の育成方法によってプレイが変化する。
    • 発想力をもって攻略法を創造する。
  • マニア向けのプレイ。
    • 計画的な育成/アイテム使用が生死を分ける。
    • アクション一辺倒では詰む。
      • 周囲の環境を活用して賢くプレイすることが重要。

関連記事>>>Prey レビュー

【5位】フォールアウト 3

▼要点▼

  • 自由度の高いオープンワールド系RPG。
    • どこへ行き、何をするかはプレイヤーの自由。
    • 選択によってストーリーが分岐していく。
  • 濃厚なゲーム世界。
    • 核戦争後のワシントン近郊の作り込み。
      • 見るべきエリアや探索すべきエリアが盛りだくさん。
      • 山ほどのメイン/サイドミッションが用意されている。
    • オールドな世界観とラジオ。

関連記事>>>フォールアウト3 レビュー

スポンサーリンク

ステルスゲーム

【1位】METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN

これまでのMGSよりも広大なオープンワールド環境となり、時間帯や気候を考慮して潜入する自由潜入が最高に面白い。

また、仲間のリクルート・育成、自らの基地の拡張と言った巨大過ぎる各要素も面白く、各要素がメガ盛りの大作ステルスゲーム。

レビュー

【2位】ヒットマン ファースト シーズン

自由度の高いステルスゲーム。

このゲームの醍醐味はその自由度の高いゲームプレイになり、プレイヤーはあの手この手でターゲットの最期を演出することができ、その方法は無限大である。

【3位】METAL GEAR SOLID V: GROUND ZEROES

↑で紹介した『METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN』の前日譚。

それゆえに小規模な作品になっているが、やはりオープンワールド環境での自由潜入が見事に嵌っており思い白い。

また、マップは同じながらも毎回異なる方法で潜入でき、一度遊べば終わりではなく、何度も遊んでその違いを楽しみたい作品にもなっている。

レビュー

【4位】ディスオナード

古典的なステルスプレイと、現代的なそれが融合した一作。

非常に高い自由度が特殊で、プレイヤーは様々なルート、能力を駆使して思い通りの遊び方で攻略できる。

また、権力闘争を描く政治的なストーリーも面白く、自らの不名誉(dishonored)を払拭する主人公の姿も熱い。

レビュー

【5位】スプリンターセル ブラックリスト

現代的な「カジュアルさ」と古典的な「ハードさ」が融合した、ステルスゲーム初心者も熟練者も納得できるゲーム内容が特徴。

ステルスゲームではあるが、常に隠れている必要はなく、大暴れして敵を殲滅していくことも可能で、その柔軟さが非常に遊びやすい。

レビュー

次の記事>>>おすすめステルスゲームまとめ

スポンサーリンク

アドベンチャーゲーム/ストーリー重視

【1位】ライフ イズ ストレンジ

何度もやり直しが出来るアドベンチャーゲーム。

全ての選択肢の結果を見た上で、どちらがよりマシかを選ぶところがユニークで面白く、不思議な力を持った女子高校生に降りかかる出来事は涙なしでは語れない。

レビュー

【2位】人喰いの大鷲トリコ

トリコと少年の大冒険を描く、究極のナラティブ作品。

私はこのゲームでの冒険を、一生忘れることは出来ない。

レビュー

【3位】ウォーキング・デッド

大人気ドラマ『The Walking Dead』のゲーム版。

原作同様に人間模様に重きが置かれており、シビアな選択を下していく大人向けのゲーム。

レビュー

【4位】HEAVY RAIN 心が軋むとき

非常に映画的な作りをした全編QTEのアドベンチャーゲーム。

ある誘拐事件を軸に3人のキャラクターが織り成す人間模様が特徴で、それぞれが事件を巡る「危険なゲーム」に参加する。

レビュー

【5位】Her Story

実写のビデオを参考に事件の真相を追求する異色の一作。

あなたは「彼女の物語」に隠された秘密を見つけられるか?

レビュー

スポンサーリンク

クラシックゲーム

【1位】Grand Theft Auto San Andreas


一言で言えばデカイ。

一つのマップに「3つの都市」と「2つの地域」を詰め込んだ巨大なゲーム世界、そこに詰め込まれた膨大なカスタマイズ要素、多彩なサイドミッションやメインミッションが未だに色褪せていない。

最近のGTAには無い良さがあり、オープンワールドゲーム好きにお勧めしたい一作になっている。


  • やることが盛りだくさん
  • 3都市が舞台
  • 多彩なミッション

レビューを読む ->Grand Theft Auto San Andreas レビュー

【2位】Mafia: The City of Lost Heaven


往年のマフィア映画へのリスペクトに溢れた名作。


  • 良質な物語
  • 驚くほど芸が細かい
  • 結末

レビューを読む -> Mafia: The City of Lost Heaven レビュー

【3位】Hitman Blood Money


箱庭型エリアを舞台に繰り広げられる自由度の高い暗殺がウリ。


  • 「暗殺」における自由度の高さ
  • 計画を練る楽しさ
  • リプレイ性の高さ

レビューを読む -> Hitman Blood Money レビュー

【4位】Bioshock


海底都市ラプチャーを舞台にしたホラーテイストのFPS。

ビデオゲームだからこその衝撃的な物語と、超能力を交えた撃ち合いが面白い作品で、是非ともネタバレを見ずに遊んで欲しい数少ない作品。


  • 人を選ばないカジュアルさ
  • 様々なゲーム要素の融合
  • 物語のどんでん返し

レビューを読む -> Bioshock レビュー

【5位】Deus Ex


AIの暴走、IT化の弊害を描く社会派RPG。


  • 与えられる選択肢が多い
  • 様々なゲームシステムの融合
  • 複雑に分岐する物語

レビューを読む -> Deus Ex レビュー

スポンサーリンク

ランク外

Alan Wake’s American Nightmare

『Alan Wake』の外伝作。

今作はダウンロード作品ということで前作と比べると小規模な内容になっているが、アクションゲーム色が強くなっており、純粋に撃ち合いが面白いのが特徴。

もちろん、上質なサイコスリラー風の物語は今作でも健在で、ループを題材にした物語は面白い。

アサシンクリード ローグ

前作『Assassin’s Creed IV Black Flag』をベースにした続編。

内容自体は前作とほとんど変わらず、主人公がテンプル騎士団側の人間という切り口が唯一の独自色と言える。ただ、前作をベースにしているので、今作も海戦やアクティビティは面白い。

レビュー

アサシンクリード ユニティ

次世代機の到来を感じさせる美しいグラフィックと洗練されたアニメーションが特徴的な作品。

今作では、ゲームプレイ面の大幅な改良が行われ、”数あるオープンワールドゲームの中でも際立つ”グラフィックと、滑らかなアニメーションは必見で、硬派な戦闘も過去作とは一線を画しており面白い。

レビュー

アサシンクリード シンジケート

↑の『Assassin’s Creed Unity』よりも過去作に近い続編。

過去作の特徴でもある大味なステルスプレイと、無双ゲーに近い戦闘が復活したことで、過去作に忠実な中身になっている。新登場の馬車はアレだが、ロープランチャーや格闘戦主体の戦闘は目新しくて面白い一作。

レビュー

バットマン アーカム ビギンズ

BatmanとJokerの馴れ初めを描く外伝。

相変わらず格闘戦は面白く、ボリュームも満点。

レビュー

デウスエクス マンカインド・ディバイデッド

人類とオーグ(改造人間)の対立を描く、Si-Fi系RPG。

非常に自由度の高いゲームプレイが特徴で、物語もプレイヤーの選択よって複雑に分岐していく。

レビュー

event [0]

無人の宇宙ステーションを舞台にした一作。

ここに居た人たちはどこへ?なぜステーションが破棄された?という謎を、そこに搭載されたAIと共に追求する。

レビュー

Fallout New Vegas

『Fallout 3』の超大型拡張パック的な続編。

今作の特徴は、プレイヤー自身が主人公であること、ミッションの攻略方法も多彩になっていることであり、評判や評価システムを擁した複雑なゲームプレイも前作同様か、それ以上に面白い。

原題Fallout: New Vegas
開発Obsidian Entertainment
発売日2010年10月19日
ハードPC,PS3,Xbox 360
  • よりプレイヤーの意思を物語に反映
  • やることが尽きない

レビューを読む>>>Fallout New Vegas レビュー

Grand Theft Auto V

3人の主人公を迎え、さらにパワーアップしたGrand Theft Auto

Michael、Trevor、Franklinの3人を交互に切り替えて遊ぶのは目新しく、これを用いた演出手法も他の作品では味わえない体験を生んでいる。また、質と量を両立させた膨大な数のコンテンツも魅力。

開発Rockstar North
発売日2013年9月17日
ハードPC,PS3,PS4,Xbox 360,Xbox One
  • 3人のイカれた主人公たち
  • 膨大なコンテンツ量
  • 舞台となる街の驚異的な作り込み

レビューを読む -> Grand Theft Auto V レビュー

Hitman Contracts

ターゲットの最期を演出する、隠れないステルスゲーム。

原題Hitman Contracts
開発IO Interactive
発売日2004年4月20日
ハードPC,PS3,Xbox 360 etc.
  • 「暗殺」における自由度の高さ
  • 1作目のリメイクミッション

レビューを読む>>>Hitman Contracts レビュー

Murdered: Soul Suspect

何者かに殺害され、その犯人を突き止めるまで成仏できない刑事が主人公のアドベンチャーゲーム。

小規模なオープンワールドと物語主導型が合体したゲームになっており、メインミッションを追う途中で出会うサイドミッションをクリアしながら進めるのが流れになる。

さて、肝心の「事件捜査」自体はイマイチだが、魔女裁判を題材にした物語は面白く、台詞や演出でしっかり魅せてくれる作品になっている。

開発Airtight Games
発売日2014/7/17
ハードPS4,PS3,Xbox One,Xbox 360,PC
  • サイコスリラーな物語

レビューを読む>>>Murdered: Soul Suspect レビュー

Replica

ある独裁国家の捜査官となり、ある人物のスマホを捜査する…。

開発Somi
発売日2016年7月11日
ハードPC,Android,iOS etc.
  • メッセージ性の強い物語
  • 他人のスマホを覗き見る背徳感

レビューを読む>>>Replica レビュー

Sleeping Dogs

主人公は香港の大マフィアに潜入捜査として潜入する。

開発United Front Games
発売日2012年8月14日
ハードPC,PS4,Xbox One etc.
  • 舞台の「香港」
  • 手堅い格闘戦

レビューを読む>>>Sleeping Dogs レビュー

Splinter Cell Chaos Theory

泥臭い、硬派なステルスゲームの名作。

開発Ubisoft Montreal
発売日2005年3月29日
ハードPC,Xbox etc.
  • ミッション攻略における選択肢の多さ
  • リプレイ性の高さ

レビューを読む>>>Splinter Cell Chaos Theory レビュー

Splinter Cell Conviction

007シリーズや『97時間』を彷彿させる、アクション系ステルスゲーム。

「ステルスとアクションの融合」を掲げて開発された一作で、気軽にスパイ映画の主人公になれる数少ない爽快なステルスゲームになっている。

開発Ubisoft Montreal
発売日2010年4月13日
ハードPC,Xbox 360 etc.
  • 遊ぶ人を選ばないカジュアルさ
  • 怒った親父の復讐劇

レビューを読む>>>Splinter Cell Conviction レビュー

The Evil Within

バイオハザードシリーズの三上真司氏が送る、ハードコア系サバイバルゲーム。

開発Tango Gameworks
発売日2014年10月14日
ハードPC,PS4,Xbox One etc

ポイント

  • 硬派なゲームプレイ
  • 優れたビジュアルのクリーチャー

レビューを読む>>>The Evil Within レビュー

Watch Dogs

全てがネットワーク上で管理される近未来のシカゴを舞台にした作品。

このゲームの面白い所は”ネットワークに侵入して他人の情報を盗み見る”ことではなく、ほとんどのミッションでステルスプレイが可能という自由度の高いゲームプレイ。

GTAシリーズと比較すると、ミッション攻略の自由度はこちらの方が圧倒的に高く、近年のUbisoftゲーらしく、カジュアルゲーマーにも易しい内容になっているのでオススメ。

開発Ubisoft Montreal  
発売日2014年10月1日
ハードPC,PS4,Xbox One etc.
  • 作り込まれた舞台となる「シカゴ」
  • ミッション攻略における自由度の高さ

レビューを読む>>>Watch Dogs レビュー

スポンサーリンク

関連記事