【完全網羅】ゲーム機でもPCでも遊べるオススメの海外ゲームを一挙紹介!ジャンル別に名作・人気作をベスト5形式で発表【PC,PS4,Xbox】。

オススメ紹介
スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事では主に海外ゲームのオススメ作品を一挙紹介。
新旧、ジャンル問わず様々なゲームを紹介しており、きっとお目当てのゲームが見つけられるはず。

▼要点▼

  • 実際にプレイしたゲームのみ紹介。
    • レビュー記事も用意
  • シングル、もしくはソロプレイ多め。

【オススメ】”珠玉”のインディーゲームを全て紹介

【Steam限定】PCゲーマーなら押さえておくべき洋ゲーを全て紹介

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シューティング

【1位】マックス・ペイン3

▼要点▼

  • オールドスクールなTPS。
    • 要するにコアなシューターファン大歓迎の内容。
  • ハードボイルドなストーリー。
    • ブラジルの内情を反映したシリアスな粗筋。
    • アル中でヤク中の元刑事マックス・ペインの復讐劇。

【レビュー】マックス・ペイン3

18年現在、最も面白いTPS
テイクツー・インタラクティブ・ジャパン
¥1,240(2019/01/21 19:56:15時点 Amazon調べ-詳細)

【2位】Crysis

▼要点▼

  • 南国の島を舞台にした自由度の高いFPS。
    • ジャングルでのゲリラ戦や真夜中のスナイパープレイまで。
  • 見所は2つ。
    • 特殊能力を駆使した超人プレイ。
    • リアルタイムで行える銃のカスタマイズ。

【レビュー】Crysis

圧倒的パワーでエイリアンを退治したい?ならこれで決まり
エレクトロニック・アーツ
¥4,000(2019/01/21 19:56:15時点 Amazon調べ-詳細)

【3位】クォンタム ブレイク

▼要点▼

  • ゲームとドラマが融合したユニークな作品。
    • 舞台は”時間が崩壊した”世界。
    • 全4話(各話約30分)のミニドラマを収録。
  • 特殊能力を駆使したゲームプレイが魅力。
    • マックス・ペイン顔負けの時間を武器した戦闘。
    • 時間を活用したパズル。

【レビュー】Quantum Break

ゲームとドラマの連動は新感覚
マイクロソフト
¥5,709(2019/01/21 19:56:16時点 Amazon調べ-詳細)

【4位】メトロ リダックス

▼要点▼

  • 核戦争のロシアを舞台にしたFPS。
    • 人々は荒廃した地上ではなく、地下鉄で暮らしているユニークな設定。
  • ハード・コアなゲームプレイ。
    • 射撃の腕のみならず、リソース管理やステルスプレイも重要。
      • AIの能力も高い評価を受けている。

【レビュー】メトロ2033 リダックス

【レビュー】メトロ ラストライト リダックス

世紀末を舞台にしたストーリー重視型FPS
スパイク・チュンソフト
¥6,580(2019/01/21 19:56:16時点 Amazon調べ-詳細)

【5位】アラン ウェイク

▼要点▼

  • スティーブン・キング的なサイコ・スリラーが特徴。
    • アメリカの田舎町で猟奇的な事件に巻き込まれる。
  • 懐中電灯と銃を活用するユニークなシューティングゲーム。

【レビュー】アランウェイク

米国の田舎町を舞台にしたサイコスリラー
スポンサーリンク

アクションゲーム

【1位】ライズ オブ ザ トゥーム レイダー

▼要点▼

  • 元祖ゲーム版インディー・ジョーンズ的な内容。
    • 冒険、戦闘、爆発。
  • コンテンツがてんこ盛り。
    • 遺跡探索や謎解き。
    • ノンストップのキャンペーン。

関連記事>>>ライズ オブ トゥームレイダー レビュー

スクウェア・エニックス
¥7,100(2019/01/21 19:56:17時点 Amazon調べ-詳細)

【2位】トゥーム レイダー

▼要点▼

  • 元祖ゲーム版インディー・ジョーンズ的な内容。
    • 冒険、戦闘、爆発。
  • コンテンツがてんこ盛り。
    • 遺跡探索や謎解き。
    • ノンストップのキャンペーン。

関連記事>>>トゥームレイダー レビュー

スクウェア・エニックス
¥3,945(2019/01/21 19:56:17時点 Amazon調べ-詳細)

【3位】マフィア 3

  • 60年代のアメリカ南部が舞台。
    • 当時の黒人文化と、彼らに対する差別を反映した世界。
    • 様々な国の文化が入り乱れるニューオリンズ。
  • プレイ面は自由度を重視。
    • アクションでもステルスでもプレイ可能。
      • シューティングの出来には注目。

関連記事>>>MAFIA 3 レビュー

2K Games
¥7,484(2019/01/21 19:56:18時点 Amazon調べ-詳細)

【4位】マッド・マックス

  • あの世界を再現。
    • 原作を忠実に再現したイカれた世界。
    • カスタムした車で荒野を激走。
  • カーチェイスと格闘戦が魅力。
    • 格闘戦はバットマン アーカム風で熱中できる。
    • 敵の車両を破壊して周るカーチェイスも面白い。

関連記事>>Mad Max レビュー

ワーナー・エンターテインメント・ジャパン
¥2,178(2019/01/21 19:56:18時点 Amazon調べ-詳細)

【5位】マフィア 2

▼要点▼

  • 往年のマフィア映画にインスパイアされた作品。
    • 忠誠、裏切り、復讐のストーリー。
  • マフィア映画を想起させるキャンペーン。
    • 激しいカーチェイスや銃撃戦。

関連記事>>>マフィア 2 レビュー

スポンサーリンク

オープンワールド

【1位】ウォッチ ドッグス 2

▼要点▼

  • 自由度の高いプレイ
    • アクション、ステルス、ハッキングでプレイ。
    • 生かすも殺すもプレイヤー次第。
  • 舞台のサンフランシスコ
    • 圧倒的な作り込み。
    • 量より質のコンテンツ。

関連記事>>>ウォッチ ドッグス 2 レビュー

ユービーアイ ソフト
¥3,500(2019/01/21 19:56:19時点 Amazon調べ-詳細)

【2位】レッド・デッド・リデンプション2

▼要点▼

  • 圧倒的に作り込まれた西部
    • グラフィックは今世代最高峰
    • ディテールへの凄まじい拘り
  • 【基本ステータス】を軸にしたシミュレーター要素
    • 無駄から生まれる「余白」を楽しむ
    • まさに西部劇のガンマンとして生活できる

レッド・デッド・リデンプション』の続編。
前作よりもシミュレーター要素が強くなっており、プレイヤーは一人のガンマンとして生きる。

確かに無駄の多いゲームだが、それが良い。

『レッド・デッド・リデンプション2』レビュー

ロックスター・ゲームス
¥6,600(2019/01/22 09:06:55時点 Amazon調べ-詳細)

【3位】バットマン アーカム ナイト

▼要点▼

  • 質の高いアクションゲーム
    • バットモービルとの共闘。
    • やり込み上等の格闘戦。
  • コンテンツ盛りだくさん。

関連記事>>>バットマン アーカム ナイト レビュー

ワーナー・エンターテインメント・ジャパン
¥4,150(2019/01/21 19:56:19時点 Amazon調べ-詳細)

【4位】グランド・セフト・オート 4

▼要点▼

  • 映画顔負けの一作。
    • 冷徹なクライムもの。
    • カーチェイスや銀行強盗など何でもアリ。
  • 舞台のリバティ シティ
    • New Yorkを忠実に再現。
    • 住民の息遣いが聞こえるほどの作り込み。

関連記事>>>グランド・セフト・オート 4 レビュー

テイクツー・インタラクティブ・ジャパン
¥4,880(2019/01/21 19:56:19時点 Amazon調べ-詳細)

【5位】アサシンクリード オリジンズ

▼要点▼

  • 舞台はエジプト。
    • 広大で、探索すべきエリアが盛りだくさん。
      • 三大ピラミッドやスフィンクスなど馴染みのスポットも。
    • 当時を生きた野生動物も数多く登場。
  • 硬派なアクションゲーム。
    • ダークソウル系の硬派なアクション。
    • アクション/ステルスで進められる自由度の高さ。

関連記事>>>アサシンクリード オリジンズ レビュー

ユービーアイ ソフト
¥6,280(2019/01/21 19:56:20時点 Amazon調べ-詳細)
オススメのオープンワールドゲームを全て紹介!
※ベスト5位以外のゲームを紹介
スポンサーリンク

RPG

【1位】ウィッチャー3 ワイルドハント

▼要点▼

  • ダークファンタジー系RPGの傑作。
    • 骨肉の政争や人間模様を描くストーリー。
      • ストーリーは選択によって変化していく。
  • 硬派なアクションゲーム
    • ソウル系とも言われるマニア向けのアクション。
    • 巨大なモンスターとの死闘。

関連記事>>>ウィッチャー3 ワイルドハント レビュー

【2位】フォールアウト 4

▼要点▼

  • 自由度の高いオープンワールド系RPG。
    • 核戦争後のボストンを自由に探索。
    • ミュータントやレイダーなどの危険でいっぱい。
  • 豊富なコンテンツ。
    • マインクラフト的な開発要素。
    • シューティング、ハクスラ要素。

関連記事>>>フォールアウト4 レビュー

ベセスダ・ソフトワークス
¥3,080(2019/01/21 19:56:21時点 Amazon調べ-詳細)

【3位】デウスエクス

▼要点▼

  • 自由度の高いオープンワールド系RPG。
    • ディストピアな世界観が魅力。
    • 人体改造やAIの問題点を描く社会派のストーリー。
      • ストーリーは選択によって分岐する。
  • とにかく自由度が高い。
    • 様々なスキルを組み合わせて攻略法を創造する。
    • 発想力をそのままプレイに反映できる。

関連記事>>>デウスエクス レビュー

スクウェア・エニックス
¥1,839(2019/01/21 19:56:21時点 Amazon調べ-詳細)

【4位】Prey

▼要点▼

  • 自由度の高いRPG。
    • 主人公の育成方法によってプレイが変化する。
    • 発想力をもって攻略法を創造する。
  • マニア向けのプレイ。
    • 計画的な育成/アイテム使用が生死を分ける。
    • アクション一辺倒では詰む。
      • 周囲の環境を活用して賢くプレイすることが重要。

関連記事>>>Prey レビュー

ベセスダ・ソフトワークス
¥2,450(2019/01/21 19:56:21時点 Amazon調べ-詳細)

【5位】フォールアウト 3

▼要点▼

  • 自由度の高いオープンワールド系RPG。
    • どこへ行き、何をするかはプレイヤーの自由。
    • 選択によってストーリーが分岐していく。
  • 濃厚なゲーム世界。
    • 核戦争後のワシントン近郊の作り込み。
      • 見るべきエリアや探索すべきエリアが盛りだくさん。
      • 山ほどのメイン/サイドミッションが用意されている。
    • オールドな世界観とラジオ。

関連記事>>>フォールアウト3 レビュー

ベセスダ・ソフトワークス
¥3,385(2019/01/21 19:56:22時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

ステルスゲーム

【1位】METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN

コナミデジタルエンタテインメント
¥2,639(2019/01/21 19:56:22時点 Amazon調べ-詳細)

これまでのMGSよりも広大なオープンワールド環境となり、時間帯や気候を考慮して潜入する自由潜入が最高に面白い。

また、仲間のリクルート・育成、自らの基地の拡張と言った巨大過ぎる各要素も面白く、各要素がメガ盛りの大作ステルスゲーム。

レビュー

【2位】ヒットマン ファースト シーズン

ワーナー・エンターテインメント・ジャパン
¥6,458(2019/01/21 19:56:23時点 Amazon調べ-詳細)

自由度の高いステルスゲーム。

このゲームの醍醐味はその自由度の高いゲームプレイになり、プレイヤーはあの手この手でターゲットの最期を演出することができ、その方法は無限大である。

関連記事>>>ヒットマン レビュー

なお、現在は『ヒットマン2』の方がオススメ。
というのも、同作向けに有料DLCとして「ファースト・シーズン」が丸々配信されており、『ヒットマン2』のゲームシステムでプレイできるから。

ワーナー・エンターテインメント・ジャパン
¥2,890(2019/01/21 21:13:31時点 Amazon調べ-詳細)

【3位】METAL GEAR SOLID V: GROUND ZEROES

コナミデジタルエンタテインメント
¥2,639(2019/01/21 19:56:23時点 Amazon調べ-詳細)

↑で紹介した『METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN』の前日譚。

それゆえに小規模な作品になっているが、やはりオープンワールド環境での自由潜入が見事に嵌っており思い白い。

また、マップは同じながらも毎回異なる方法で潜入でき、一度遊べば終わりではなく、何度も遊んでその違いを楽しみたい作品にもなっている。

レビュー

【4位】ディスオナード

ベセスダ・ソフトワークス
¥3,680(2019/01/21 19:56:23時点 Amazon調べ-詳細)

古典的なステルスプレイと、現代的なそれが融合した一作。

非常に高い自由度が特殊で、プレイヤーは様々なルート、能力を駆使して思い通りの遊び方で攻略できる。

また、権力闘争を描く政治的なストーリーも面白く、自らの不名誉(dishonored)を払拭する主人公の姿も熱い。

レビュー

【5位】スプリンターセル ブラックリスト

ユービーアイ ソフト
¥1,650(2019/01/21 19:56:24時点 Amazon調べ-詳細)

現代的な「カジュアルさ」と古典的な「ハードさ」が融合した、ステルスゲーム初心者も熟練者も納得できるゲーム内容が特徴。

ステルスゲームではあるが、常に隠れている必要はなく、大暴れして敵を殲滅していくことも可能で、その柔軟さが非常に遊びやすい。

レビュー

スポンサーリンク

アドベンチャーゲーム/ストーリー重視

【1位】ライフ イズ ストレンジ

スクウェア・エニックス
¥3,809(2019/01/21 19:56:25時点 Amazon調べ-詳細)

何度もやり直しが出来るアドベンチャーゲーム。

全ての選択肢の結果を見た上で、どちらがよりマシかを選ぶところがユニークで面白く、不思議な力を持った女子高校生に降りかかる出来事は涙なしでは語れない。

レビュー

【2位】人喰いの大鷲トリコ

ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥4,104(2019/01/21 19:56:25時点 Amazon調べ-詳細)

トリコと少年の大冒険を描く、究極のナラティブ作品。

私はこのゲームでの冒険を、一生忘れることは出来ない。

レビュー

【3位】ウォーキング・デッド

スクウェア・エニックス
¥2,857(2019/01/21 19:56:25時点 Amazon調べ-詳細)

大人気ドラマ『The Walking Dead』のゲーム版。

原作同様に人間模様に重きが置かれており、シビアな選択を下していく大人向けのゲーム。

レビュー

【4位】HEAVY RAIN 心が軋むとき

ソニー・インタラクティブエンタテインメント
¥3,000(2019/01/21 19:56:26時点 Amazon調べ-詳細)

非常に映画的な作りをした全編QTEのアドベンチャーゲーム。

ある誘拐事件を軸に3人のキャラクターが織り成す人間模様が特徴で、それぞれが事件を巡る「危険なゲーム」に参加する。

レビュー

【5位】Her Story

実写のビデオを参考に事件の真相を追求する異色の一作。

あなたは「彼女の物語」に隠された秘密を見つけられるか?

レビュー

スポンサーリンク

クラシックゲーム

【1位】Grand Theft Auto San Andreas

ロックスター・ゲームス
¥5,000(2019/01/21 19:56:26時点 Amazon調べ-詳細)

一言で言えばデカイ。

一つのマップに「3つの都市」と「2つの地域」を詰め込んだ巨大なゲーム世界、そこに詰め込まれた膨大なカスタマイズ要素、多彩なサイドミッションやメインミッションが未だに色褪せていない。

最近のGTAには無い良さがあり、オープンワールドゲーム好きにお勧めしたい一作になっている。


  • やることが盛りだくさん
  • 3都市が舞台
  • 多彩なミッション

レビューを読む ->Grand Theft Auto San Andreas レビュー

【2位】Mafia: The City of Lost Heaven


往年のマフィア映画へのリスペクトに溢れた名作。


  • 良質な物語
  • 驚くほど芸が細かい
  • 結末

レビューを読む -> Mafia: The City of Lost Heaven レビュー

【3位】Hitman Blood Money


箱庭型エリアを舞台に繰り広げられる自由度の高い暗殺がウリ。


  • 「暗殺」における自由度の高さ
  • 計画を練る楽しさ
  • リプレイ性の高さ

レビューを読む -> Hitman Blood Money レビュー

【4位】Bioshock

テイクツー・インタラクティブ・ジャパン
¥5,860(2019/01/21 19:56:27時点 Amazon調べ-詳細)

海底都市ラプチャーを舞台にしたホラーテイストのFPS。

ビデオゲームだからこその衝撃的な物語と、超能力を交えた撃ち合いが面白い作品で、是非ともネタバレを見ずに遊んで欲しい数少ない作品。


  • 人を選ばないカジュアルさ
  • 様々なゲーム要素の融合
  • 物語のどんでん返し

レビューを読む -> Bioshock レビュー

【5位】Deus Ex


AIの暴走、IT化の弊害を描く社会派RPG。


  • 与えられる選択肢が多い
  • 様々なゲームシステムの融合
  • 複雑に分岐する物語

レビューを読む -> Deus Ex レビュー

スポンサーリンク

まとめ

以上、「ゲーム機でもPCでも遊べるオススメの海外ゲームを一挙紹介」でした。
今後もプレイする度に更新していく予定。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
オススメ紹介
Kakihey.com(カキコム)