A Way Out開発者「もっとゲームをコントロールしたい」

協力プレイ必須のアドベンチャーゲーム『A Way Out』を開発中のJosef Fares氏は、海外メディアEdgeとのインタビューの中で、度々比較されるTelltale GamesQuantic Dreamのゲームとの違いを述べている。

Those games are too passive for me. I would like to have more control. One could say that you control the story, but while you’re doing it and affecting it, in a sense you’re not, you know?

A Way Out is not about that. I think the comparison is fine from a cinematic perspective, but not the way you choose your story. This is a hand-tailored story all the way.


A Way Outはこれらとは違う。映画的な観点から比較できるとは思いますが、あなたの物語ではなく、最後まで特別な物語なのです。


また、Josef Fares氏は映画監督出身ということで、映画製作とゲーム開発の違いも述べている。

ちなみに、現在『A Way Out』を開発しているHazelight Studiosは、約30人からなる少数精鋭の小さなチーム。

From the perspective of the small team we are, it’s been challenging for us. I made six feature films before A Way Out and Brothers, and they’re nothing compared to making a game. It’s way harder. It’s way harder because of many things.

When you make a movie, you pretty much have a solid idea of how the product should go; you can plan it better. In a game, you can’t really plan that out, especially if you’re doing something that hasn’t really been done before.

我々のような小さな開発チームの視点から言えば、とても挑戦的なことです。A Way OutやBrothersの前に私は6本の映画を製作しましたが、それらはゲーム作りに比べたら何てことないです。ゲーム作りはハードです。多くのことのためにハードです。




『A Way Out』は2018年3月28日に発売予定。

対応機種はPCPlayStation 4Xbox Oneとなっているが、残念ながら日本語版の発売予定は現時点ではない。