【評価/感想】Fallout : New Vegas – Dead Money【批評/レビュー】

【評価/感想】Fallout : New Vegas – Dead Money【批評/レビュー】

スポンサーリンク

20151115135904

Fallout : New Vegas』向けの有料DLC。
現在は本編と全DLCを収録したUltimate Editionが販売中。

▼概要▼

過酷な条件と共に囚われの身となった3人のウェイストランド人と共に、シエラ・マドレ・カジノにある伝説のお宝を奪え。

『Fallout: New Vegas』ダウンロードコンテンツ第1弾となる“Dead Money”で、プレイヤーは新たなエリア、敵、そして人生の選択に直面する。
生死を賭けたクエストでどんなカードを切るか、それはプレイヤーである貴方次第だ。

引用元 – 公式サイト

スポンサーリンク
スポンサーリンク

イマイチ

20151115135912

面倒なエリア移動

視認性が低いマップを頼りに、迷路とも言える複雑なエリアを進むのは大変。
エリア自体は小じんまりとしており、進むべき道は一つなのだが、素直に真っ直ぐ進むことができず、無駄な迂回を強いられる場面が目立つ。

また、マップのデザイン的に現在地を把握することも難しい。
とくに序盤はどこも似たような設計になっており迷う迷う。※ファストトラベルは利用不可。

面倒な首輪型爆弾

さらに”首輪”の存在も疑問。
このDLCでは、”ラジオや無線機の電波に干渉すると爆発する”首輪を装着され、近くにラジオがあればその都度ラジオを探し出して破壊する必要がある。これが本当に面倒臭い。

単に”ラジオを停止させる作業”が面倒くさいのもあるが、”時間切れ”になると「爆死」するオマケもこれ以上ないほど面倒であり、爆死しても構わないから首輪を外したいと思うほどだ。

隔離された1本道

本編とは異なり、1本道となる。
また、所持品とコンパニオンの持ち込み禁止や、一度始めると帰還できないなど、本編とは真逆を行く内容になっており、これもあまり好みではない。

さらに、本DLCクリア後にシエラ・マドレに戻ることも出来ない。
なので取りこぼしは厳禁だが、そもそも上記要素のおかげで探索する気になれない。

スポンサーリンク

総評

はっきり言って、面白いと感じた瞬間はなかった。

しかし、その一方でストーリーやキャラクターは優れており、Pip-Boyのラジオでも聴けるシエラ・マドレの謎を巡るストーリーは充実しており、その中で出会うキャラクターたちも癖があり、印象に残る人たちばかりだ。

ただ、個人的にはオススメできない。
なお、PC版にはこのDLCそのものをスキップするModが存在する。

▼DLC▼

  1. Honest Hearts
  2. Old World Blues
  3. Lonesome Road