【評価/感想】『Fallout 3』 – Operation: Anchorage【批評/レビュー】

RPG
スポンサーリンク

Fallout 3』向けの有料DLC。
現在は本編と全DLCを収録したGoTY Editionが販売中。

▼ストーリー▼

ある日、主人公のPip-Boy3000が、アウトキャストからの救難要請信号をキャッチする。
それは、大量のスーパーミュータントに襲われたため、援護を請うという内容であった。

その信号の発信源を突き止め、アウトキャストのメンバーを救った主人公は、彼らから、耐爆ドアに守られた兵器庫にあるロストテクノロジーの遺物を得るために、その鍵となっている戦闘シミュレーションをクリアして欲しいと依頼されるのだが……。

引用元 – ニコニコ大百科

端的に言えば1本道化した『Fallout 3』。
高い自由度を誇る本編とは異なり、プレイヤーは開発者が引いたレールの上から一歩も外れず、指示された通りにアクトすることを求められるリニアなFPSだ。

はっきり言って、『Fallout 3』のシューティング面は褒められた出来ではない。
欠点をオープンな環境や豊富な攻略法で補っていたのだが、このDLCではそうした欠点を補う要素に欠けており、あまり面白いとは思えない。

確かに、Foならではの強烈なゴア表現は爽快だが、FPS(やTPS)にしては退屈なクエストの連続になっており、オマケの域を脱していない。

また、今回はストーリーの設定上、特定の場所で体力や弾薬を制限なく全回復できるのだが、これのおかげでリソース管理の楽しさも欠けている。

総評としては、あまり”優先的にプレイする必要はないDLC”となる。

▼他のDLC▼