【プレイ日記】Fallout 3 – 何度目の正直? (1)

フォールアウト3

次の記事>>>Fallout 3 レビュー

実は、これまでに100時間近くもプレイしているが、一度もクリアしていない。
毎年「今年こそクリアするぞ」と意気込むのだが、いつも途中で止めてしまいプレイ時間だけが積み重なっていく。

なので、今回で何度目よ?という感じ。

今回はFWEを導入してプレイ

フォールアウト3

次の記事>>>【2018年版】『Fallout 3』をModで自作リマスター!

今回はリバランス系Modである「FWE」を導入しているのが、序盤過ぎることもありレイダー相手でも手こずる。

いつものように、地上で出てすぐ小学校に向かったのだが、トミーガンを持った敵が強くて何度も倒されてしまった。まあ、そこそこな数の弾薬が手に入ったので、苦労した甲斐はあった。ついでに地下のアリの巣も駆除。

(余談だが、レイダーたちは地下を掘り進めてメガトンを目指していたそうな)

あとは、近くの家に住む女性に話しかけて300キャップを回収(これはいつもする)。
キャップと引き換えに、メガトンでモリアティという人物を探し出して「彼女が死んだ」と嘘の報告しないといけないが、期限は指定されていないので気が向いたら行くことにしよう。

ドッグミートとも合流

フォールアウト3

Falloutの人気キャラクターであるドッグミートと合流。

外部記事>>>ドッグミートの居場所

可愛らしい外見とは裏腹に、とても好戦的。
私が気づくよりも先に、上のフロアの敵と戦っていた時は、あまりにも好戦的過ぎて笑ってしまった。

また、ドッグミートは敵の存在を察知すると喉を鳴らすのだが、これのおかげで敵の不意討ちに遭うことが激減し、かなり助かっている。おまけにアイテムまで見つけて来るので、マジ優秀。

なお、ドッグミートは不死身ではない。
ただ、PC版であればコンソールや不死化Modを利用できるので、ドッグミートに死んで欲しくない人は必見だ。

まとめ

次の記事>>>【プレイ日記】Fallout 3 – ストーリーは中盤 (2)