Deus Ex Human Revolution – Gaming Diary

SHARE

Deus Ex Human Revolution – Gaming Diary

『デウスエクス』より。

2015年に投稿していた『Deus Ex Human Revolution』のプレイ日記を再編集。

各プレイ日記のテーマを抽出して再編集し、「Gaming Diary」として公開。本作のレビューは「Deus Ex : Human Revolution【感想 評価 批評 レビュー】」で読むことが出来る。

タレットをハックして敵を攻撃させる。『デウスエクス』より。

  1. カバー時の3人称視点
  2. ハシゴの昇り降りの改善
  3. その他UI

上記3点のおかげで非常に遊びやすい。初代『Deus Ex』ではハシゴから落下して死亡することが多く、それがリスタートの増加を招いていたのだが、その点が改善されているだけでも嬉しい。

また、カバーに入ると3人称視点に切り替わったり、トレンドとも言える「テイクダウン」が追加されたりして、ステルスプレイのハードルがグッと下がっており、これまた非常に遊びやすい。

電波塔を停波させる。『デウスエクス』より。

後に停止させることになる電波塔を先に停止させてみた(2周目なので知っていた)。

これはゲームの進行を妨害する行為なので、「さすがに出来ないだろう」と思っていたのだが、実際に停波できてしまった。

その後すぐに仲間から「助かったよ」という連絡が入り、正規ルートで停波させた時とは異なる展開になり感心した。

高度な交渉術はスマートな攻略のカギ。『デウスエクス』より。

これまた2周目のメリットを利用して、「感情知性エンハンサー」という能力を取得した。

後のメインミッションで役立つことが分かっていたので取得したのだが、これのおかげで1周目では失敗した交渉に成功し、堂々と警察署内を調査することが出来た。

1周目の時は裏口から潜入するはめになり、かなり面倒臭いことになったが、今回はスマートに目的を達成することが出来た。

「オメガ牧場」にてマリクを救うべく奔走するジェンセン。『デウスエクス』より。

終盤。ここまでステルスプレイで進めて来たのだが、ここでは一旦その縛りを解除。

というのも、ここでモタモタしていると仲間が死んでしまうのだ。なので、開始早々からアサルトライフルをぶっ放し、ロボットはEMPグレネードで粗大ごみにしてやった。

1周目の雪辱を晴らすことが出来た。

マルチエンディング。君は何を選ぶ?『デウスエクス』より。

最後は3択。

しかし、私は1周目と同じ解決方法を選んでしまった。というのも、2周目であっても自分の考えとは異なる選択肢は選びたくないし、その選択をしたゲーム世界が存在することに違和感を覚えるからだ。

というわけで、1周目と同じ解決方法を選んで2周目は終了した。