【評価/感想】『カウンタースパイ』レビュー/自動生成、3Dと2Dの融合

3.5
インディーゲーム
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
原題CounterSpy
対応機種PS4,Android etc
プレイ/クリア時間5時間~

『カウンタースパイ』は3Dと2Dが融合した異色のステルスゲーム。

今回はPS4版をレビューしている。

スポンサーリンク

評価

【Pros】3Dと2Dの融合

3Dと2Dの融合。『カウンタースパイ』より。

本作は3Dと2Dが融合した作品。

ベースは横スクロールの2Dゲームで、シューティング時に3D表示へと移行する(上画像)仕組みになっている。

  • 2DステルスとTPSの融合

これは非常に面白い。

横スクロールならではの”全てが見える”状態でのステルスプレイと、3Dゲーム特有の奥行きを感じるシューティングが一つになっている感覚は斬新かつ個性的。

ステージは自動生成

ゲーム冒頭に「ステージはランダムで作り出されるため、毎回新鮮なゲームプレイが楽しめる」と表示されるように、ステージは自動生成(ランダム生成)される。

“生成パターンがそう多くない”点は残念ではあるけれど、2Dと3Dの融合に続けて野心的なゲームシステムが搭載されている。

【Cons(欠点)】全体的に荒削り

時として3Dが仇となる。

前述の通り、通常時は2Dの横スクロール画面でプレイするのだが、その際に画面奥の敵から一方的に攻撃させると、こちらは銃口を向けられず、為す術なしに。

また、シューティングでは敵の命中率が高く、受けるダメージも大きいため、ジリ貧の戦いを強いられることが少なくなかった。

特に終盤は敵のグレネードやロケット弾も一方的に感じた。

  • 3Dが時として仇となる
  • 戦闘時のバランスが不自然

全体的に細部は粗粗しい。

スポンサーリンク

総評

マップは自動生成。『カウンタースパイ』より。

全体的に荒削りだが、ユニークな作品でもある。

B級スパイ映画風のノリが楽しいステルスゲームになっており、スマホやタブレットでちまちまとプレイする分には最適な一作。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
インディーゲーム
カキコム or 管理人をフォローする
カキコム(Kakihey.com)│ゲームレビュー、洋ゲーやPCゲームの話題を発信するゲームメディア
タイトルとURLをコピーしました