スポンサーリンク

自動生成、3Dと2Dの融合【評価/レビュー】カウンタースパイ【批評/感想】

インディーゲーム
スポンサーリンク

スポンサーリンク
カキヘイ
カキヘイ

自動生成と半3Dのユニークなシューティングゲーム。
粗さは感じられるが、色々な意味でB級のノリが面白い一作。

開発元Dynamighty
ハードPS4,Android,iOS etc.
備考公式サイト

本作は”3Dと2Dが融合した”シューティングゲーム。
冷戦時代を舞台にしたスパイゲームになっており、そのアニメチックなビジュアルと、3Dと2Dが融合したゲームプレイが目玉。

なお、今回はPS4版をレビューする。

スポンサーリンク

評価

【Pros】3Dと2Dの融合はアリ

3Dと2Dの融合。『カウンタースパイ』より。

本作は3Dと2Dが融合した作品。
ベースは横スクロールの2Dゲームではあるが、シューティングに入ると3D画面へと移行する(上画像)仕組みになっており、2DステルスとTPSが融合した中身になっている。

  • 2DステルスとTPSの融合

これは非常に面白い。
横スクロール系ステルスゲーム特有の”全てが見える”状態でのステルスプレイと、3Dゲーム特有の奥行きを感じるシューティングが一つになっている感覚は斬新で、ユニークなゲーム体験を提供する。

ステージは自動生成

肝心のステージは自動生成(ランダム生成)。
ゲーム冒頭に「ステージはランダムで作り出されるため、毎回新鮮なゲームプレイが楽しめる」と表示されるように、どのステージも何かしら変化している。

パターン自体があまり多くない点はやや残念ではあるが、2Dと3Dの融合に続けて野心的なゲームシステムになっている。

【Cons(欠点)】全体的に荒削り

まず、シューティング面がやや理不尽に感じた。
敵の命中率とダメージが大きいため、ジリ貧の戦いを強いられることが多く、さらにグレネードやロケット弾の攻撃も一方的過ぎて、終盤辺りは結構ストレスが溜まる。

さらに、3Dへの移行も時よりイマイチ。
前述した通り、本作はシューティング時以外は横スクロール画面に切り替わる。その仕様上、銃口を向けられない奥の敵から一方的に攻撃させると、こちらは為す術なしになることがあり、救済措置を用意すべきだった。

スポンサーリンク

総評

マップは自動生成。『カウンタースパイ』より。

全体的に荒削りだが、ユニークな作品でもある。
腰を据えてプレイするにはやや物足りないが、スマホやタブレットでちまちまとプレイするには最適なB級スパイ映画風のステルスゲームである。

関連記事>>>【インディーゲーム】オススメのアクションゲームを全て紹介

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
インディーゲーム
カキコム or 管理人をフォローする
Kakihey.com(カキコム)│ゲームレビュー、ニュースやMod情報などを発信するゲームメディア
タイトルとURLをコピーしました