スポンサーリンク

(1) 「SURVIVOR」で完走 – #バイオショック (BioShock Remastered)

少し前から『バイオショック リマスター』を最高難易度で遊んでいたのだが、無事に完走した。実は今回が2周目だったのだが、1周目のときに取りこぼしていたサンダー・コーエン関連のイベントを消化し、ラスボスも最高難易度を維持したまま倒すことが出来たので満足、満足。

さて今回、「なぜ最高難易度で遊んだのか」というと、少し前に海外のゲームサイトで「バイオショックは最高難易度が一番面白い」という趣旨の記事を見掛けたからなのだが、実際に遊んでみると確かにその通りだなと感じた。

まず、標準難易度である「ノーマル」だと序盤から既にゴリ押しで遊ぶことができ、真面目にリソース管理をしなくても完走できたのだが、最高難易度だとラスボス戦寸前までリソース管理を意識さぜるを得ず、この辺は非常に面白かった。

それ以外にも、主人公の能力を上げる際には取捨選択を迫られるし、ハッキングで機械を味方にして戦うことにも大きな意味があり、1周目で感じた「大味」とは真逆のゲームプレイを楽しめた。

今回も「ハッピーエンド」を迎えた。結局、2周目でもリトルシスターを”ハーベスト”することは出来なかった。でも、これでいいよね…?

スポンサーリンク
関連記事


シェアする