“狭くて濃い”仕切り直しの一作【評価/感想】バイオハザード7 レジデントイービル【批評/レビュー】

サバイバル/ホラーゲーム
スポンサーリンク

スポンサーリンク
原題RESIDENT EVIL 7 biohazard
機種PC,PS4,Xbox One
発売日2017年1月24日
開発元CAPCOM(公式サイト)
【短評】
狭くて濃い新生「バイオハザード」。
徹底したミニマム化によるシンプルなゲームプレイと、最新技術を活用したホラー演出の両輪で楽しませてくれる、良作のサバイバル・ホラーゲーム。

ナンバリング作品としては約4年ぶりに発売された一作。
賛否両論だった前作『バイオハザード6』までの方向性を断ち切り、「新たなバイオ」としてシリーズの再出発を図っており、ゆえに多くの点でこれまでとは少し違う内容になっている。

▼ストーリー▼
行方不明の妻ミアから送られて来た一本のテープ。
ミアの手掛かりを探るべく、夫イーサンはそのテープが指し示した場所である「ベイカー農場」に一人でやって来るのだが、それはこれから始まる”長い夜”の始まりに過ぎなかった。

スポンサーリンク

Pros

無駄がなく、ミニマム

徹底したミニマムさ。UIも必要最低限、

迷走を極めた前作*『バイオハザード6』。
よりアクション重視のゲームへとシフトし、多くの要素を詰め込んだ意欲作ではあったものの、実際は量が質とのトレードオフになっており、全体としては”広く薄い”大作だった。

  • 前作は広く薄い内容

それに比べれば、今作は”狭く濃い”ミニマムな一作。
「とある屋敷での猟奇的な出来事」に的を絞り、主要な登場人物も主人公を含めて10名も居ない。また、カットシーンや台詞も必要最低限に抑えられ、主人公のアクションも基本動作のみであり、体術やプロレス技は存在しない。

ベイカー家の冷蔵庫に保管された謎の食べ物。

その一方で、「必要な部分」には一切の妥協がない。
例えば「RE ENGINE」で描かれるゲーム世界は「まるで本物」。主な舞台である「ベイカー家の屋敷」は”本当に廃墟に足を踏み入れている感覚”があるほど現実味があり、至近距離からマジマジと観察しても破綻がない。

また、フェイシャルアニメーションも非常に優秀。
今作ではカットシーンや演出が全て一人称視点(=主人公目線)で描かれる。なので、”各キャラクターの「表情」が作品のトーンを左右する”と言っても過言ではないが、今作の登場人物たちはまるで実写のようであり、ベイカー家の面々の”狂気に満ちた”表情は人間が持つ本能的な恐怖心を刺激する。

  • 今作は狭く濃いミニマムな内容
  • 全てが必要最低限だが、必要な部分の作り込みは流石

前作とは違い、今作は”守備範囲を狭めて的を絞る”ことで確実にその中心を射抜いている。

*ナンバリングタイトルとして

一方で「ホラー」は広く濃く

“狭く濃い”ミニマムなゲームプレイ周りと比べれば、ホラー演出は「広く濃い」。

まず、今作は言わば「総合お化け屋敷」に近い。
背筋も凍る猟奇的な怖さ、思わず目を背けたくなるスプラッター的な恐さ、夢にまで出て来そうな生理的嫌悪感を覚える恐さなど、非常に守備範囲の広いホラー作品になっている。

  • 守備範囲の広いホラー作品

なので、常に違ったホラー体験が楽しめる。
“進める度にホラーのトーンや演出が変わって来る”ので最後まで新鮮な恐怖が続き、「次は何が待っているのか?」という期待感がプレイのモチベーション維持に繋がる。

でも、やっぱりバイオハザード

バイオ的なアイテム欄は今作でも健在。

冒頭は本当に怖い。
冒頭の荒廃した屋敷の探索は、小島秀夫監督の『P.T.』がイヤでも頭に浮かび、後ろを振り返るのが本当に恐ろしい。また、これまでの「バイオハザード」シリーズとは明らかに作風が異なるので、”得体の知れない”恐怖も同時に覚える。

  • 冒頭は本当に怖い

ただ、少しずつ「バイオハザード」になっていく。
エリア内を往復して「パズル」を解くお馴染みの流れもそうだし、アイテム同士を合体させて別のアイテムを作成する「クラフト」もそうだし、時には逃げることも大切な戦闘も、まさに「バイオハザード」という感じ。

特に銃を入手した辺りからいつもの調子が出てくるので、そこまでたどり着ければ「これは間違いなくバイオハザードの一部」だと感じられるはず。

  • 序盤を終えれば後は”バイオしている”

ただ、これは好みの分かれる部分かと思う。
けれども、私は少しずつバイオに変わっていく作風は肯定的に捉えている。”ホラーゲームが苦手”な私にとって序盤は「しんどい」感じだったので。

スポンサーリンク

一部敵キャラクターの追跡

通称「ファミパンおじさん」。

まず、この要素は「無くても構わない」。

ただ、『サイコブレイク2』のアニマや『バイオハザード RE:2』のタイラントほど面倒に感じることは無く、何とか許容できるレベル。

  • 仮に捕まっても一撃死はない
  • 今回は楽にまける
    割りと鈍感なのでステルス維持は難しくない
  • 追跡されている間に他の敵が合流しない
  • 追跡されている間に”やるべきタスク”が少ない
    「あれをしたいのに邪魔されて出来ない!」ということが無かった
  • 自由に探索できる時間が後々確保されている

上記に加えて回数も少なく、ストレスに感じることはあまり無かった。

カプコン
¥5,970(2019/04/19 10:32:23時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

Cons

終盤以降の展開

終盤はサブマシンガンが大活躍。

正直、終盤の展開にはガッカリした。
というのも、終盤までは硬派な「サバイバル・ホラーゲーム」だったにも関わらず、急に「ホラー系シューター」へと”転化”してしまい、作品のトーンが大きく変わってしまうからだ。

  • 終盤はホラー系シューター

特に最終盤は「パズル」要素は姿を消し、アイテムも十分に入手できるので「リソース管理」する面白さも無くなってしまい、非常に単調な印象を受ける。

一体のクリーチャーに”恐れおののいた”のは過去の話となり、複数体のクリーチャー相手に銃弾を撃ち込んでいくことになり、どことなく『F.E.A.R.』を想起させるゲームプレイが展開される。

すぐにリスタートできない

基本的にボス戦は「死にゲー」的な面を持つ。
にも関わらず、”カットシーン(演出)をスキップできない”のでリスタートの度にそれを見ることになり、非常にテンポが悪く、プレイのモチベーションを大きく下げる。

カプコン
¥2,327(2019/04/19 15:30:37時点 Amazon調べ-詳細)

代わり映えしないクリーチャー

今作のクリーチャー「モールデッド」。

数種類用意されているが、ビジュアル的な変化に乏しい。
ボス級を除いて”黒いモヤモヤに覆われた”デザインになっており、的を絞るというよりも、そうせざるを得なかった開発事情を反映しているように思える。

前述したように終盤は戦闘推し。
なので、終盤は”似たような”クリーチャーを延々と相手することになってしまい、ビジュアル的にも、ゲームプレイ的にも単調な印象を受ける。

スポンサーリンク

総評

ファミパンおじさん

新たな方向性を示した一作。
前作『バイオハザード6』までの作風をバッサリと切り捨てる一方で、原点回帰と”新たなバイオを作る”という相反するものを同時に実現した意欲作になっており、今後のシリーズ展開には期待が持てる。

確かに、今作は『バイオハザード(1)』や『バイオハザード4』のように”ジャンルを前進させる”内容ではないけれども、斬新な方法で「バイオハザード」を再定義しており、この”ファミリー”における新たなマスターピースの誕生である。

▼関連記事▼

オススメのサバイバル・ホラーゲームを全て紹介