スポンサーリンク

【評価/感想】ジェイク編/バイオハザード6【批評/レビュー】

サバイバル/ホラーゲーム
スポンサーリンク

スポンサーリンク

バイオハザード6』には、4人分のキャンペーンが収録されている。

さて、第三弾目の今回はジェイク編を取り上げる。

スポンサーリンク

評価できる点

壮大なクロスオーバー

まず、各編とのクロスオーバーは素直に面白い。
それぞれの象徴的なシーンに繋がるまでのストーリーはよく練られており、欠けていたピースが埋まっていく感覚がある。

なお、今回の主人公はジェイク。
彼はアルバート・ウェスカーの息子であり、父ウェスカーと因縁のあるクリスとの絡みや、自身の出生に関する苦悩などが描かれ、深みのあるキャラクターとなっている。

決して”諦めない”ボス「ウスタナク」

ジェイク編のラスボス「ウスタナク」は半不死身。
序盤の早い段階から追いかけ回され、ボス戦で倒しても復活する。これが存在感抜群であり、加えてレオン編やクリス編にはいなかったタイプのボスでもあり、珍しく新鮮味を感じる。

  • 倒されても執拗に追いかけて来る

なので、「ウスタナク」とのラスボス戦は非常に盛り上がる。
手強く、嫌らしい相手だからこそ倒せた時の達成感はひとしおであり、最後の最後の粘りも含めて面白いボスとなっている。

スポンサーリンク

欠点、依然としてクォリティが低い

視界が悪い雪山。

今回は「クロスオーバー」を口実に”レオン編やクリス編と全く同じ内容のミッション”を再プレイすることがある。“同じミッションでも別の切り口から描く”という工夫も無く、単にキャラクターモデルが入れ替わっただけなので非常に退屈する。

なお、今作だけのミッションは課題山積。
例えば、チャプター2の「雪山」では”方向感覚を失う”ほど視界の悪い中でプレイさせられる。また、”些細なミスでリスタートになる”スノーモービルやバイクでの逃走シーンは「スキップできるのあれば是非したい」と思わせるほどの出来。

また、今回は”似たような”内容のミッションも目立つ。
「(アイテム名)をx個回収しろ」や「~するまで敵に対処しろ」というものが多く、上記の「クロスオーバー」と相まってボリュームの水増し感が強い。

そして、当然ながら今作の欠点もそのまま残っている。
レオン編のレビューで指摘したシューターとしての欠点、クリス編のレビューで指摘した酷いカバーシステムなどはそのまま残っており、依然としてクォリティ面で問題を抱えている。

スポンサーリンク

総評

クリス編に続き、今作も完全にアクションゲーム。
そして、アクションゲームとしては二流。確かに新たな主人公ジェイクや追跡者「ウスタナク」は非常に魅力的な存在だが、イマイチなゲームプレイ面がそれの足を引っ張っており、良い材料を使って調理に失敗している。

次の記事>>>エイダ編 レビュー

『バイオハザード6』のレビューを読む

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
サバイバル/ホラーゲーム
Kakihey.com(カキコム)│ゲームレビュー、ニュースやMod情報などを発信するゲームメディア