【評価/感想】エイダ編/バイオハザード6【批評/レビュー】

サバイバル/ホラーゲーム
この記事は約1分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

『バイオハザード6』には、4人分のキャンペーンが収録されている。

さて、第四弾目の今回はエイダ編を取り上げる。

スポンサーリンク

評価

「これは酷いぞ…」
と感じたステルス重視のオープニングを思えば、中盤以降は相当持ち直す。

  • 一部の酷いカメラワーク
  • 不完全なカバーシステム
  • 単調な戦闘シーン
  • プレイヤーを誘導するのが下手

などの問題は依然として存在するが、ジェイク編とは違って”同じミッションでも違う切り口から描く”という工夫がされていたり、謎のレースを強要されることもなく、レオン編の次に”遊べる”内容となっている。

あと、申し訳程度にパズルも用意されている。

スポンサーリンク

総評

レオン編の次に”遊べる”内容のキャンペーン。

ただし、「どんぐりの背比べ」状態。
他の編よりも短いので中盤以降はテンポが良く、かつエイダ一人なのでパートナー(AI)に煩わされることもないというだけであり、根本的な部分は依然として問題を抱えている。

『バイオハザード6』のレビューを読む

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
サバイバル/ホラーゲーム
カキコム or 管理人をフォローする
カキコム(Kakihey.com)│ゲームレビュー、洋ゲーやPCゲームの話題を発信するゲームメディア
タイトルとURLをコピーしました