【PC】『アサシンクリード』と『アサシンクリード2』をXboxコントローラでプレイする方法。

【Tips】PCゲーム編
スポンサーリンク

【要点】
「x360ce」でコントローラを再設定。
ただし、x360ceは過去のバージョンを使用する。

この2作品は有線のXbox 360 コントローラーのみをサポートしており、ワイヤレス版やXboxコントローラでは上手く操作できない。

だが、「x360ce」という名のエミュレータを使えば解決できる。
この記事ではその方法を紹介する。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コントローラを有効化する方法

準備編

  • 「x360ce.App-2.0.2.51.zip 620k .zip file 」をダウンロードする。
    • 適当な場所に保存し、解凍する。

作業編

  1. x360ce.exeを”管理者として実行”する。
    ※右クリック→管理者として実行。
  2. 2つのファイルの作成を求められるので「はい」を選択する。
    • 「x360ce.ini」と「xinput1_3.dll」が新規作成される。
  3. x360ceを起動し、画面下部の「Presetsタブ」を開く。
    1. “Controller (Xbox 360 Wireless Receiver for Windows)”を選択する。
    2. すぐ右の「Load」をクリックする。
  4. 「Optionタブ」を開く。
    • Fake WMI→EnabledUsb
    • Fake DI→EnabledCallback
    • Use Init beep→チェックを外す。
    • 「SAVE」する。
  5. 「x360ce.exe」「x360ce.ini」「xinput1_3.dll」をインストール先*にコピーする。
    関連記事>>>インストール先を参照する方法。

以上。

*AC1であればAssassinsCreed_Dx9.exeと同じ場所、AC2であればAssassinsCreedIIGame.exeと同じ場所に。

【重要】起動する順番

  1. ↑でコピーしたx360ce.exeを”管理者として実行”する。
  2. Presets欄で「Controller (Xbox 360 Wireless Receiver for Windows)」を選択する。
    • Loadする。
  3.  Xboxコントローラの場合は有線接続した状態でゲームを起動する。
    • 起動時は有線接続する必要アリ(?)。
  4. ゲーム内のコントローラ設定を開く。
    • オプションの操作方法を”Controller (Xbox 360 For Windows)”に変更する。

アサシンクリード2の場合

  1. x360ce.exeを”管理者として実行”する。
  2. Presets欄で「Controller (Xbox 360 Wireless Receiver for Windows)」を選択する。
    • Loadする。
  3.  Xboxコントローラの場合は有線接続した状態でゲームを起動する。
  4. Steamのコントローラ設定を開き、コミュニティ作成の「Actual Xbox One ~」を適用する(画像)。
    関連記事>>>【Steam】コントローラ設定を反映させる方法。
  5. ゲーム内のコントローラ設定を開く。
    • オプションの操作方法を”Controller (Xbox 360 For Windows)”に変更する。
    • 必要に応じてボタンを再設定する*。

*デフォルトではLT/RTが上手く機能しないはず。なのでPAN CAMERA LEFT/RIGHTを右スティックに割り当てる(上画像)など、再設定する必要がある。

スポンサーリンク

まとめ

アサシンクリードはコントローラの方がプレイが楽。
特に初期のアサシンクリードは、インターフェイスがモロにコントローラ仕様になっているので、出来ればコントローラでプレイすることを勧める。

この記事の元ネタ「How to Play Assassin’s Creed 1 & 2 wiith a Wireless 360 Controller」の作者に感謝したい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
【Tips】PCゲーム編
Kakihey.com

コメント