スポンサーリンク

リマスター版『アサシンクリード3』について分かっていること、そして期待すること。

アサシンクリードまとめ

2019年春に配信予定のリマスター版アサシンクリード3』。
同作は『アサシンクリード オデッセイ』のシーズンパス所有者向けに配信される「独占コンテンツ」になっており、同時期にはPS VITA専用タイトルだった『アサシン クリード III レディ リバティ』も配信される予定だ。

目玉の『アサシンクリード3』はシリーズの新機軸となった一作。
前作『アサシンクリード リベレーション』までは1作目『アサシンクリード』の拡張版だったのに対し、今作ではゲームエンジンをアップグレードし、グラフィックから戦闘メカニックに至るまで一新した「新装開店」に近い内容になっており、続く『アサシンクリード4 ブラック・フラッグ』や『アサシンクリード ローグ』の土台を形成した作品でもある。

また、『アサシンクリード3』は新たな三部作の序章でもある。
「アサシンクリードシリーズのストーリーを解説付きで総復習」にて解説している通り、AC3=>AC4=>ACRではケンウェイ一族に関するストーリーが展開され、その”数世代にも渡るケンウェイ一族の数奇な人生”はシリーズの中でも特に興味深い内容になっており、一人の青年の復讐劇を追ったエツィオ三部作とはまた違った面白さがある。

  • ACIIIはシリーズの新機軸となった一作
  • ケンウェイ一族の数奇な人生を描く三部作の一作目

その(↑)『アサシンクリード3』がリマスター版として復刻される。
この記事ではリマスター版について”現時点で分かっていること”と、私がリマスター版に期待する二点を書いていく。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

リマスター版AC3に関するアレコレ

現時点で判明している4点

発売日は?

リマスター版AC3(AC Odysseyのシーズンパス特典)は2019年3月に配信予定。

Assassin’s Creed 3 Remastered (included in the Season Pass for Assassin’s Creed: Odyssey) releases in March 2019.

引用元 – ASSASSIN’S CREED III REMASTERED RELEASE DATE (ODYSSEY SEASON PASS VERSION)

単体購入できる?

現時点では単体での販売は発表されていない。
だが、同じくUbisoftのリマスター版『ファークライ3』こと『ファークライ3 クラシック・エディション』のように今後単体販売される可能性は高い。

リマスター版に含まれるコンテンツは?

  • ワシントンの圧政(AC3の有料DLC)
    • エピソード1「悪名」
    • エピソード2「裏切り」
    • エピソード3「償い」
  • ベネディクト・アーノルドミッション
    ※元々はPS3限定コンテンツ

    • 全4エピソード構成のストーリーミッション
  • 隠された秘密パック
    ※マヤ遺跡から大海原までを舞台にした3つの追加ミッション
  • アサシンクリード レディ・リバティ

引用元 – CONTENTS OF ASSASSIN’S CREED III REMASTERED (ODYSSEY SEASON PASS VERSION)

リマスター版の特徴は?

▼主な特徴▼

  • 高解像度に対応
    • PC、PS4ProとXbox Oneは4K+HDRに対応
    • PS4とXbox Oneは1080pに対応
  • テクスチャの高解像度化
  • 新たなライティング描写システムの導入
  • より密度の高い群衆、環境と視覚効果

リマスター版ACIIIはPS4、Xbox OneとPCに最適化される。
PCと上位機種であるPS4 ProやXbox One Xは4KとHDRに対応し、PS4とXbox Oneも1080pに対応する。また、高解像度テクスチャと新たなライティング描写システムに加え、いくつものグラフィックの改善が盛り込まれる。

さらにゲームプレイにも修正が入る。
修正はプレイヤーのフィードバック(反応)を基に行われ、刷新と再調整によってゲームメカニックは改善される。

引用元 – ABOUT ASSASSIN’S CREED III (ODYSSEY SEASON PASS VERSION)

期待すること

はっきり言って『アサシンクリード3』の出来は良くなかった。
レビューのタイトルに「過去作には遠く及ばない」と入れていることからも分かる通り、それまでのアサクリと比べると明らかに質が低く、個人的には『アサシンクリード ユニティ』に次ぐ”イマイチなアサクリ”という印象を持っている。

▼主な欠点▼

  • 長いチュートリアル
    • シークエンス6まで実質的なチュートリアル
  • 過敏に反応する敵兵
    • ステルス維持が困難
  • フル・シンクロ
    • 達成条件が厳しい
  • 町中でワラワラと湧く敵兵
    • 終わらない戦闘
  • 突貫工事感を覚える弟子システム
  • わかりにくい交易システム

詳しく読む

私は上で挙げた欠点の改善に期待している。
「チュートリアル」に関してはメインストーリーの再編集が必要になるので望み薄だが、それ以外の部分は十分に対応可能な範囲だと思うので、是非ともこの機会に手直しして欲しい。

個人的に『アサシンクリード3』は磨けば光る原石。
リマスター版で諸々の欠点が解消されれば、5年以上の時を経て「再評価」されるはずだ。

スポンサーリンク

まとめ

以上、「リマスター版『アサシンクリード3』について分かっていること、そして期待すること」を紹介した。

余談だが、今回のリマスター版で遂に現行機(PS4/Xbox One)のみでケンウェイ三部作がプレイ可能に。これまでケンウェイ三部作の中で唯一『アサシンクリード3』だけが旧世代機止まりであり、三部作の二作目と三作目のみが現行機でプレイできるという歪な状態だった。

後は1作目『アサシンクリード』がリマスターされれば完璧だ。

コメント