映画「エイリアン」シリーズを題材にしたシューターが開発中。

スポンサーリンク

20世紀フォックスのゲーム部門FoxNext Gamesは、映画Alienシリーズを題材にしたシューターが”PCとコンソール向け”に開発中であることを明かした。

開発を担当するのは、『Alien: Isolation』のCreative Assemblyではなく、San Franciscoに拠点を置く新設スタジオCold Iron Studios。同スタジオは2015年に設立され、今回のAlienゲームが1作目になるようだが、このスタジオには『Doom』、『Metroid Prime 3』や『BioShock Infinite』の開発に従事したベテランが多数在籍しているとのこと。

しかし、現時点で次期Alienゲームについて分かっているのは「アクション満載のゲーム体験」のみ。だが、Cold Iron StudiosにはMMOの開発経験を持つスタジオが在籍しており、CEOはそうした背景は「我々の製品ロードマップに合致する」と話した。

While some people who work at Cold Iron have a background in making MMOs like City of Heroes and Star Trek Online, a FoxNext representative declined to say what kind of online elements the new Alien game may have. Whatever the case, Cold Iron CEO Craig Zinkievich teased that the studio’s history of making online worlds “is a precise fit with our product roadmap ahead.

Cold Ironに在籍する開発者の中には、『City of Heroes』や『Star Trek Online』のようなMMOを開発した経歴を持つ者がいる。FoxNextはAlienゲームのオンライン要素について説明しなかったが、同スタジオのCEOはそうした経歴は「我々の製品ロードマップに合致する」と話した。

GameSpot

なお、『Alien: Isolation』を開発したCreative Assembly未見タイトルを開発中。ただ、こちらはAlienではなく”ジャンルを再定義する”New IPとされる。

「Creative Assembly」は"ジャンルを定義する"未発表タイトルを開発中。

シェアする

スポンサーリンク
関連記事