【Steam】ハロウィンセール(2018)で開発すべきゲームは?

この記事は約2分で読めます。

Steamの「ハロウィンセール 2018」が開催中。
期間は火水木の3日間。

というわけで、セール中のオススメゲームを紹介。
なお、この記事ではハロウィンの季節にあったホラーテイストのゲームを中心に紹介していく。

オススメ

全て日本語でプレイ可能。

アランウェイク

アメリカの田舎町を舞台にしたサイコスリラー。
『Xファイル』や『ツイン・ピークス』好きは必見。

なお、本作は一時的に販売停止状態だった。
しかし、Microsoftの尽力によって先日オンラインストアに復活した。

『アランウェイク』レビュー

サイコブレイク1/2

1作目はまるで匂いの強いチーズ。
要するに好き嫌いが分かれる。

けれども2作目は全体的にモダン化されており、「サバイバルホラーゲームのオススメは?」と聞かれれば一番に推したい一作。

『サイコブレイク(1)』レビュー

『サイコブレイク2』レビュー

バイオショック

海底都市を舞台にしたSF系RPG。
特に1作目はそのストーリーが魅力なので”もし、少しでも興味があればすぐにプレイすべき”。

『バイオショック』レビュー

ダイイングライト

パルクール+ゾンビなアクションゲーム。
実質的な前作『デッドアイランド』にパルクール要素が加わり、無駄が廃された内容になっており、全体的に完成度の高い一作。

『ダイイングライト』レビュー

Metro Redux

核戦争後のロシアを舞台にしたシリーズ作品。
割りとサバイバル要素が強め。リソース管理をしつつ、ミュータントや人間と戦いを繰り広げる。

最近、日本語化Modが公開された。

『メトロ 2033』レビュー

『メトロ ラストライト』レビュー

Prey

放棄された宇宙ステーションを舞台にした硬派なRPG。
こちらもサバイバル要素が強く、内容的にはハード・コアな『バイオショック』。

割りと好き嫌いが分かれるゲームなので「『Prey』を購入する前に知っておくべき4つのこと」も是非読んで欲しい。

『Prey』レビュー

SOMA

海底の研究施設を舞台にしたSF系ホラーゲーム。
『バイオショック』同様に”少しでも興味があればネタバレを踏む前にプレイすべき”。

なお、ホラーゲームだからと言って避ける必要はない。
というのも、今作にはストーリーに追うことに特化した「セーフモード」が用意されているから。

関連記事>>>『SOMA』を日本語化する方法

『SOMA』レビュー

S.T.A.L.K.E.R.: Bundle

チェルノブイリ原発事故に着想を得たサバイバル系FPS。
プレイヤーは放射能汚染によって誕生したミュータントや、危険や盗賊など戦いながら様々なタスクを攻略していく。

以上

雑記
カキコム or 管理人をフォローする
カキコム(Kakihey.com)│ゲームレビュー、洋ゲーやPCゲームの話題を発信するゲームメディア

コメント

タイトルとURLをコピーしました