Amazon(JP)では評価が割れた『シャドウ オブ ザ トゥームレイダー』。

Amazon(JP)を物色していた時に発見してビックリ。
先日(18年9月14日)発売された『シャドウ オブ ザ トゥームレイダー』の評価がめっちゃ低かった。

以下は一ページ目に表示されるレビューから抜粋したもの。
※悪い点

  • 単純に世界観が合わない
  • 過去作と代わり映えしない
  • 戦闘パート少なすぎ
  • 謎解き時のヒントがしつこい
    ※オプションでオン/オフ可能
  • アイテム/スキルの取捨選択が無意味

自分のレビューとは正反対で軽く衝撃を受けた。
私としては戦闘パートの減少は探索パートの増加に繋がっており、”シリーズにフィットしている”と書いているし、親切設計と取捨選択の軽さも”カジュアルなアクションゲーム”としてアリだと思っていたので。

確かに、ストーリーは南米の独特な宗教観がベースになっているので日本人受けしなかったのかも知れない。また、新作=新しい体験だと考える人も”代わり映えしない中身”にマイナスイメージを持ったかも知れない。

同意できる部分はあるものの、それでも過小評価されていると感じる。
というわけで、(私の駄文も含めて)レビューに左右されずに自分の目で確かめて欲しい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました