スポンサーリンク

実際に英語で遊べた私が再考。『Life Is Strenge Before The Storm』に必要な英語力とは。

クロエとレイチェル。貨物列車に揺られて。

微妙な英語力の私が、『Life Is Strenge Before The Storm』を英語で遊んだ結果。

LIS公式アカウントにもリツイートされた前回の記事

スポンサーリンク

エピソード1を実際にプレイ

クロエとフランクのやり取り。

LIS: Before the Stormのレビュー

「果たして自分の英語力で遊べるだろうか…」

そういう思いがあり、「購入ボタン」は非常に重かった。出来ることならば、1エピソードだけ買ってお試しプレイしたいと思ったが、セット販売のみなのでそれも出来ない。

しかし、「それでも遊んでみたい」と思い、一か八かデラックス版を購入することにした。ちなみに、デラックス版を購入した理由はマックスのボーナスエピソード「Farewell」が気になったから。

で、購入後すぐに遊んでみたところ意外にも英語で遊べてしまった。プレイ前は「多分ムリだろうな…」なんて思っていたのだけれど、実際はストーリーラインを理解しながら遊び切ることが出来た。

肝心の理解度はクリア後にレビューを書けるほど。ちゃんと物語の流れを理解することができ、キーとなるクロエとレイチェルの会話も大半を理解することが出来た。幸い”英語が読めなくて話が分からない”ということはなく、英語のままでも特に支障はなかった。

これは謙遜ではなく、私自身の英語力は本当に高くない。強いて言えば積極的に英語コンテンツに触れる努力はしているけれども、それでも高校英語に毛が生えた程度。しかし、そんな私でも遊べてしまった。

現時点での英語力をまとめると次のようになる。

現時点での英語力

『ブレイキング・バッド』ネタ。決してこのキャンピングカーはアレの製造所ではありません。

単語力

「アルク英単語力テスト」によると、現在の単語力は次の通り。

日常会話や海外旅行などのコミュニケーションに必要な単語は身に付いているようですね。今後の課題は、英字新聞の記事などで出合う単語、TOEIC(R)テストなどのビジネスコミュニケーションに必要な語彙を身に付けることではないでしょうか。

引用アルク英単語力診断テスト

続いて「Test Your Vocabulary」は4,130語。「Test Your Vocabulary」のブログ記事には、非英語圏の平均は4,500語とあるので、私の単語力は低すぎることはないのかも。

文法力

中学・高校英語の文法は最低限理解できる状態。ネットで無料公開されている英検の問題は、2級までは問題なく解けるので英検で言えば2級レベル。

あとは、洋書の『English Grammar in Use』の例文を毎日音読しているので、英文慣れはしていると思う。

決してハードルは高くない?

TRPG。クロエは英雄の片足を振り回してモンスターと戦った。

ストーリーを読み解くハードル自体は高くなかった。TRPGを遊ぶ場面や、大人との会話に登場する単語と表現には苦労したが、それ以外は平易な英語ばかりなので意外とそのハードルは低かった。

もし、今作を英語で遊びたい人は、試しに『ライフ・イズ・ストレンジ』のエピソード1(無料)を英語でプレイすることを勧める。

今作もこれも、求められる英語力は変わらないと感じたので、まずは『ライフ・イズ・ストレンジ』のエピソード1を遊び、「行ける」と思ったら『Life Is Strenge Before The Storm』を遊べば良い。

次のエピソードの配信まで数週間あるので、その間に追加で単語とコロケーションを頭に叩き込みたい。iKnowで。

スポンサーリンク
関連記事


シェアする