【ニュース】小島監督の新作『 #デスストランディング (Death Stranding)』は既にプレイアブルな状態。

シェアする

英語の勉強も兼ねた翻訳記事。翻訳精度はあしからず。

SIEAのShawn Layden氏が「The Telegraph」のインタビューに応じ、小島監督の新作『デスストランディング』は既にプレイアブルな状態にあると発言。

質問者が、今年のE3で『デスストランディング』の新情報が無かったことに触れ、「まだ同作はコンセプト段階にあるのか」と質問。Shawn Layden氏はこれに答える形で『デスストランディング』の開発段階に触れている。

[意訳]
それはあなたが実際にプレイしたということですか?

“私は実際にそれをプレイした”

それは小島さんが約束した革新的な内容ですか?

“はい、そしてそれ以上だ”

それは実際に存在するのですか?

“それは実際に存在する”

[原文]
Does that mean you’ve actually played some of it?

“I have actually played some of it.”

And is it as revolutionary as Kojima-San is promising?

“[After a thoughtful pause] All that and more!”

So it actually exists?

“It actually exists.”

引用 – E3 2017 – PlayStation’s Shawn Layden on Death Stranding, Spider-man and the nature of the console competition

プレイヤーとプレイヤーの繋がりを意識した作品になるという、小島プロダクションの新作『デスストランディング(Death Stranding)』。昨年は2つのトレーラーが公開され、Youtube公式チャンネルでも精力的に活動していたが、今年はそれと比べると静かな状況が続いている。

そうした中でも開発は順調に続いていたようであり、小島監督自身が言及していた「東京五輪までには」という発売時期には間に合うのかも知れない。『METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN』で培ったノウハウが活かされるであろう新作に期待したい。