【ニュース】映画『アサシンクリード』のデジタル版の販売・配信が国内でスタート。

シェアする

「Ubisoft」の看板タイトルである、アサシンクリードシリーズを原作とした実写映画『アサシンクリード』のデジタル版の配信と販売が、日本向け「Amazon ビデオ」や「Playストア」などで開始された。

マイケル・ファスベンダーやマリオン・コティヤールと言った有名俳優を起用した実写版は、原作と同じ世界観を有しながらもオリジナルの物語を描く作品になっており、原作を知らない者でも楽しめるとのこと。

もっとも、私は今回のデジタル版待ちだったのでまだ観れていない。なので、勝手なことは言えないのだが、原作のファンには好評で、そうではない人には不評という印象がある。

この辺りは週末辺りに視聴し、そのあとに投稿予定のレビューで書いてみたいと思う。

ちなみに、当ブログではアサシンクリードシリーズの物語をまとめた記事を用意している。原作は知らないが映画版は見たい、原作を観る前にさっと物語を整理しておきたい人は読んでみると良いかも知れない。(物語の核心は伏せているのでネタバレには配慮した内容にはなっている。)

スポンサーリンク
関連記事


シェアする