『ファークライ5(Far Cry 5)』の全キャンペーンはco-opでプレイ可能。

シェアする

英語の勉強も兼ねた翻訳記事。翻訳精度はあしからず。

昨晩、待望の第一弾トレーラーが公開された『ファークライ5』。それに併せていくつかの新情報が海外メディアを通して発表されており、どうやら来る5では全キャンペーンをco-op(協力プレイ)で遊ぶことが出来るようだ。

もしかすると、今年発売された『ゴーストリコン ワイルドランズ』のような形になるのかも知れない。このゲームではメインミッションからサイドミッションに至るまで、全てをオンライン上で募った仲間と遊ぶことが出来た。

この件を海外ゲーム誌「Polygon」が伝えている。

2人のプレイヤーはチームを組み、今作のキャンペーンを遊ぶことが出来るだろうと、パブリッシャーであるUbisoftは発表した。(Two Far Cry 5 players will be able to team up and take on the game’s campaign in cooperative play, publisher Ubisoft announced today.)

引用 – Far Cry 5’s campaign is playable entirely in co-op (update)

ただし、ローカル環境でのco-opではなく、オンライン上でのco-opになる模様。

それはオンライン上で可能ではあるが、ローカルでは遊べないだろう。(It will be possible to play through the entire campaign in online, not local, co-op.)

さらにファークライシリーズの伝統とも言える「マップエディタ」も再登場する模様。

マップエディタが『ファークライ5』で帰って来る。マップエディタは、2、3や4には搭載されていたが、最新作『ファークライプライマル』ではカットされていた。(In addition, Ubisoft is bringing back the Far Cry series’ map editor for Far Cry 5. The feature was cut from the most recent entry in the franchise, 2016’s Far Cry Primal, but was available in Far Cry 2, Far Cry 3 and Far Cry 4.

引用 – Far Cry 5’s campaign is playable entirely in co-op (update)

引用部分の続きでは、『ファークライ5』のマップエディタが、「創造と無限の新たな遊び場で遊ぶことを可能にするだろう」とある。更に新機能としてエディタ向けの「新たな土地」が追加されるともある。

アサシンクリード ユニティ』以降のUbisoft作品に見られる、積極的にco-op要素を取り入れる姿勢が見られるシリーズ最新作『ファークライ5』は来年初頭に発売予定だ。

スポンサーリンク
関連記事


シェアする