Steamのサマセで”開発”しておくべき、50時間近くは遊べる大作シングルプレイゲームを6本紹介。

SHARE

Steamのサマセで”開発”しておくべき、50時間近くは遊べる大作シングルプレイゲームを6本紹介。

これらを買っておけば、夏休み中に遊ぶゲームに困るようなことはないはず。ちなみに、今年のサマーセールは7月5日まで開催予定となっている。

ゲームタイトルをクリックすると、当ブログ内のレビューにジャンプする。

アサシンクリード4 ブラック・フラッグ

アサシンクリードシリーズというよりも、夏休みに遊びたい南国情緒溢れる海賊ものとして紹介。太陽が降り注ぐカリブ海を舞台に海賊行為に勤しむもよし、捕鯨や財宝探しに明け暮れるのも良い。

この夏は果てしない海を自由きままに航海しよう。全ての島を探索して財宝も発見して…となると50時間以上は掛かると思われる。

ウィッチャー3 ワイルドハント

オープンワールド系RPGの決定版。無数の選択・決断によって変化する物語、血の通った膨大な数のクエストなど、正に横綱級のRPGになっている。ゲーム内コンテンツを全て消化しようと思うと最低でも80時間は掛かるのではないか。

さらに、エクスパンションパスで2つのシングルプレイDLCも遊ぶとなると、更に30時間~50時間は遊べる。

スカイリム スペシャル・エディション

こちらもオープンワールド系RPG。『ウィッチャー3』とは異なるアプローチの作品になっており、伝説の勇者になるも良し、大泥棒になるも良し、農民として平和に生きるも良しの自由度の高いゲームプレイが魅力。

こちらもクエストの数が膨大な上にエリアも広大なので、しっかり遊ぶとなると50時間は軽く遊べてしまうだろう。

フォールアウト4

核戦争後の荒廃したアメリカを舞台にした、お馴染みのフォールアウトシリーズの最新作(記事執筆時)。今回は拠点やコミュニティを開発・成長させる要素が加わったことで、これまでよりもさらに遊べる内容になっている。

ゲームプレイ面も格段に進歩しており、気になるならこの機会に遊ぶべき。ほぼ全てのクエストを消化し、ほぼ全てのエリアを踏破した私は100時間弱で完走した。

メタルギアソリッドV: ファントム・ペイン

サンドボックス型ステルスゲームの傑作。プレイヤーが自分で作戦を立案して実行していく自由潜入が魅力で、国産ゲームならではの大量のやり込み要素も嬉しい。

個人的に、ここ数年の間にプレイしたステルスゲームの中では最も面白いと感じた一作。私はメインミッションを全て遊び、再度ミッションは半分くらいで終えたがそれでも60時間も掛かった。

グランド・セフト・オート5

オープンワールドゲーム界の王者。今作では主人公が3人となり、アクティビティの数も非常に増えている。また、ゲームプレイ面は更に洗練されたことで、非常に遊びやすくなっており、様々な層が楽しめる内容になっている。

昨今の洋ゲーのトレンドを凝縮したようなパッケージになっており、とりあえずこれを1本買っておけば間違いないと言える数少ない作品になっている。

私は60時間で100%クリアすることが出来た。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です