自己紹介

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 18

ゲーム遍歴

幼少期

生粋のゲーム好きではないが、世間一般の父親よりはゲーム好きな父親を持ち、この頃からビデオゲームを遊ぶようになる。当時はセガ・サターンやプレイステーションで遊び、父親所有のレースゲームや競艇ゲームに熱を上げていた。

既にこの頃にはPCゲームデビューをしていたが、残念ながらタイトルは思い出せない。一人称視点のレールシューターだったはず。

幼稚園の年長さんになると、ゲームボーイやゲームボーイカラーでポケモンを遊ぶように。ちなみにゲームボーイがカラーになった時の衝撃は今でも忘れない。

小学生(低)

ゲームボーイアドバンスをゲットし、ポケモンを遊んだ。確か、限定ポケモンが欲しくて映画を見に行ったと思う。ゲームボーイアドバンス以外では、プレイステーションで『電車で Go』や仮面ライダーを遊んでいた。

数年後にゲームボーイアドバンスSPが発売され、これもゲットする。この機種からバックライトが搭載されるようになり、暗闇でも遊べることに感動した。それまではサードパーティ(?)製の「画面を照らすライト」を使っている人がいた。主にポケモンを遊んだ。

次にプレイステーション2もゲットし、「怪盗スライ・クーパー」にハマる。主に野球ゲームを中心に遊び、これでDVDもたくさん見た。

小学生(高)

PSPやDSが発売され、モンハンやどうぶつの森を友だちとよく遊んだ。この頃はシム系ゲームに馴染みがなく、ゲーム内で仮想生活を送ることが出来る、どうぶつの森も割りと衝撃的だった。

ちなみに、小6の頃はモンハンブームの真っ只中。放課後になると同級生が集まってモンハンを遊ぶのは日課で、普段話しもしない同級生と遊ぶこともあった。これは今思えば良い経験だった。

さて、この頃に衝撃的な出会いがあった。それは『Grand Theft Auto Liberty City Stories』との出会いで、これによって私は洋ゲーに惹き込まれて行くことになる。それまで一つ一つ丁寧に説明され、指示通りに遊ばされるゲームばかり遊んで来た私にとって、GTA LCSは心臓がバクバクと音を立て、PSPを持った手が震えるほどの衝撃だった。

それから数ヶ月後には『Grand Theft Auto San Andreas』を買っていた。当時、ここまで忠実に現実社会をシミュレートしたゲームを遊んだことがなかったので、その全てが新鮮でこれまた衝撃的だった。世間では「人殺しゲーム」なんて言われていたが、私は街を練り歩き、飯を食い、チリアド山に登るなんてことをして遊んでいた。

中学生

PS3が発売され、それと一緒に『Grand Theft Auto IV』をゲットする。表現力が格段に向上し、全てがリアルな世界に感動した。ただ住民を観察しているだけでも楽しく、街の隅々まで探索するほど遊んだ。

また、『MLB 08 The Show』もゲットし、国産野球ゲームとは比較にならない完成度の高さにも感動した。もはや野球シミュレーターと言っても過言ではなく、これ以来、ほぼ毎年買い続けている。

主にコンソールで遊んで来た私だが、とうとうPCを手に入れる。ゲーミングPCでは無かったので、PCゲームをガッツリ遊ぶにはやや非力なCore 2 Duoと9600GTだったのだが、ここからPCゲーマーライフが始める。

まず、最初に遊んだのが『Call of Duty 4』のDEMO。ミリタリー映画を操作しているようなゲームプレイの虜になり、何度も何度も繰り返し遊んだ。次に遊んだのが『Crysis』…のDEMOで、その美しいグラフィックと自由度の高いゲームプレイにも惹かれ、これまた何度も何度も繰り返し遊んだ。

それに加えて、『The Sims 2』や『Simcity 4』と言ったシム系ゲームも遊ぶようになり、これ系のゲームの面白さにも気づくことが出来た。

高校生

「I FEEL GROOVY」という良心的な価格で、PCゲームを販売するサイトを発見し、そこの常連になる。ここは本当に良心的なサイトで、閉店したと知ったときはショックだった。

ちなみに、ここでは毎月レビュー大会が開催されていた。数多く投稿されたレビューの中から、最優秀レビューには5,000円、優秀レビューには3,000円の賞金が授与される大会だったのだが、私はよく最優秀・優秀レビューに選んで頂き、良いお小遣いになった思い出がある。

その頃は単に賞金目当てだったのだが、その経験が今に繋がったと思うと感慨深いものがあり、色々な意味で「I FEEL GROOVY」には感謝している。

さて、そんな「I FEEL GROOVY」で『Saints Row 2』を購入した。その流れでSR2のランチャーとしてインストールしたのが「Steam」だ。当時は面倒臭い何かだと思っていたのだが、数ヶ月後にゲームを「開発」した瞬間に、私はSteamerになった。

そして、今に続く…。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする