顔面蒼白。ブログが500エラーで非表示に。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 21
スポンサーリンク

ある日の深夜、ブログの表示速度を向上させる為に作業をしていた時のこと。当ブログが使用している無料テンプレートを作成されたわいひら氏の記事を読みながら、速度向上の作業をしていたのだが、キャッシュ系プラグインを導入して、.phpに追記する際にミスしてしまった。

その結果、「真夜中なのに」「眠いのに」「明日は月曜日なのに」ブログやダッシュボードが500エラーを吐く事態に陥ってしまったのだ。当然、顔面蒼白である。心拍数が上がり、心臓がドクドクと激しく脈を打っている、正にパニック状態。

しかし、ここは一度気持ちを無理やり落ち着かせて、冷静に事態を見つめ直すことにした。「いや、無理だった」。なので、軽くテンパりながら直前の作業を思い出して対処することにした。

そして、何とか問題を解決することが出来た。この記事はその記録である…。

原因と解決方法

問題発生から解決まで

  1. キャッシュ系プラグインをインストールする
  2. .phpに追記する
  3. ブログ・ダッシュボードが飛ぶ
  4. サーバー内から直接キャッシュ系プラグインを削除する
  5. 解決

結論から書くと、キャッシュ系プラグインをインストールした際の設定が原因だった。この時に「.php」に追記したのだが、その次の瞬間にブログが飛んだので、原因自体はすぐに究明できた。なので、バックアップを直接サーバーにアップロードすれば良いと思ったのだが、何とバックアップを取り忘れていた…。

流石に「これは詰んだ…?」と思ったが、そもそもの原因の「キャッシュ系プラグインを削除すれば乗り切れるかも」という考えが頭を過ぎった。だが、WordPressのダッシュボードにはアクセス出来ないので、レンタルサーバーのコントロールパネルを開き、そこからサーバー内のプラグインを削除することにした。

その結果、無事にブログを復旧することが出来た。素人が問題解決の為に弄くり回すとロクなことにならないが、今回はそれが上手く行った。実際は30分程の出来事だったが、それよりも長く感じられたことは言うまでもない。

ちなみに、ダッシュボードに「(サーバーのアドレス)にある○○を削除しろ(原文英語)」という注意が表示されたので、指示通りにそれらを削除してこの問題は完全解決した。

この件から得た教訓

異常なしだ!

  • 確実にバックアップを取る
  • キャッシュ系プラグインには手を出さない

一つ目は当たり前のこと。二つ目はGoogleで「キャッシュ系プラグイン 危険」で検索すると分かるが、この手のプラグインは素人が利用するには少し注意が要る代物らしい。なので、サイトの速度向上は、素直にレンタルサーバーに投資した方が良いということが分かった。

この二つがこの件で得た教訓を胸に、今後はより一層安全・確実なブログ運営を心掛けたい。もう、あんな思いはしたくないです。