アメリカの田舎町で失踪事件を追う – Virginia Demo

virginia-16090701

台詞自体が存在しないため、プレイヤーはキャラクターの仕草や表情から状況を読み解き、自分なりにロジックを組み立てながら、物語を進めていくことになり、それが本作の大きな特徴と言える。少なくとも、このDemoではそれが徹底されており、失踪事件を台詞以外の要素から得た情報をもとに推理しながら遊ぶ感覚は、ADVに熱心ではない者からすると斬新に映る。

また、台詞に頼らない演出手法も巧み。この手の作品は作風的に単調になりがちだが、急なシーンチェンジやインパクトあるシーンを頻繁に挿入する事で、テンポを落とすことなく物語を進めることが出来ている。このDemoに関しては、「アイデア先行」という印象は受けないので、イヤでも製品版への期待は高まる。

ただ、これは約20分で終了するDemoの話。恐らく数時間分の内容になるであろう製品版において、一切の台詞に頼らず「大風呂敷を広げた物語をまとめられるのか」という点は、正直かなり気掛かり。

特徴的なグラフィック、世界観や音楽のセンスには惹かれる。後は製品版でしっかり物語をまとめられるのかが問題。とりあえず、発売日に購入することは確定。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする