注目

The Witcher 3 – 再開 (13)

シェアする

スポンサーリンク

The Witcher 3 プレイ日記一覧

  1. 妙に重い
  2. お勧めのグラフィック設定
  3. 洗練されたWitcher
  4. 骨太なボス戦
  5. 物量に圧倒される
  6. 久しぶりに遊んだら動作が軽くなっていた
  7. 依然、夢中
  8. クリア後の喪失感を乗り越えて
  9. 「無情なる心」 レビュー
  10. 二周目開始
  11. グウェントとかメモリーとか
  12. 猫流派の装備一式を作る
  13. 再開
  14. 二周目クリア

関連記事

the-witcher-3-15122304
Assassin’s Creed Syndicate』がようやく終わったので、二周目の途中で止まっていた『The Witcher 3』を再開することにした。ちなみにメインクエストの進行度は丁度半分位で、スケリッジでの物語が中心になってきており、次のクエストはイェネファーと共にシリの痕跡を探すものになる。

the-witcher-3-15122301
さて、今回が二周目で、最初のクリアから4ヶ月程度しか経っていないわけだが意外と飽きずに遊べている。というのも本作はプレイヤーの選択により物語が分岐する手法を採用しており、一周目とは違う選択肢を選ぶことで、同じクエストであっても別の結末を迎える事が多々あるからだ。これはWitcherシリーズ全般に言えることなのだが、物語が分岐するからこそ、二周目であっても飽きずに遊べる。(余談だが、『The Witcher 2』では、ロッシュ側に付くか、イオルヴェス側に付くかで第2章の内容が大きく変化する。ちなみに今作はロッシュ側に付いたと仮定した物語になっているように思う。)

しかし、一周目とは違う選択肢を選ぶのは意外と難しいものである。何故なら、一周目に選んだ選択肢というのは自分の考えに近いものだからだ。多分、私以外のプレイヤーも一周目で選ぶ選択肢の数々は、自分の考えに近いものが多いはず。ということは、別の展開を見る為に二周目で選ぶことになる選択肢は、当然ながら自分の考えに反するものが多くなる。私はどうしても、この”自分の考えに反する選択肢”を選ぶことが出来ずに、結局一周目と同じ選択肢を選んで、以前見たカットシーンを見ている事が多い。まあ、これはこれで新たな発見があって面白いのだが。

この辺を割りきって遊べれば良いのだが私には出来ないので、二周目は一周目の再プレイで終わりそうな気がする。

the-witcher-3-15122302
マップ上の「?」潰しが意外と面白い。「?」の付いた場所には財宝や怪物の棲家、盗賊の隠れ家等があり、やる事と言えばその周囲にいる盗賊や怪物を倒して金品を頂戴するだけなのだが、複雑で濃厚なクエストの合間に遊ぶ分には良い気分転換になる。おまけに手強い怪物と戦えたり、苦労の対価が良かったりするので、ついつい遊んでしまう。また、「?」巡りをしていたからこそ発見できたエリアやクエストもあるので、遊び残しをしない為にも「?」は全部拾っていきたいと思う。

ノヴィグラドだけでも「?」は後100箇所近くも残っているので、年内に二周目を終えられるかどうか怪しくなってきたが、地道に遊んでいく。

スポンサーリンク

シェアする

関連記事