The Witcher 2 – 前作との繋がりが濃い続編 (1)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

f:id:Kakihey_jp:20150503143100j:plain

今作は前作の直接的な続編になっている。例えば物語の序盤は前作の最終盤に発生したフォルテスト王の暗殺未遂事件をバックに展開され、登場人物に関してもトリス、ゾルタンやダンディリオン等と言った個性的な登場人物らが再登場を果たし、彼らとのやり取りの中にもやはり前作の出来事についての言及がある。従って物語全体を把握する為には前作の知識は必須であり、最低でも前作の粗筋は復習しておきたい。

今作は上記のように前作と濃密に交わる続編ということで、前作のセーブデータを引き継いで遊ぶことが出来る。前作で下した決断が今作にどのように反映されるのかも楽しみの一つと言える。

f:id:Kakihey_jp:20150503143108j:plain

今作では一般的な三人称視点のアクションゲームと遜色ない操作性を実現している。前作の様にマウスポインタを敵に合わせてクリックするだけの戦闘ではなく、回転やガードを駆使して戦うアクション性の高いものに変貌している。私は難易度”中”で遊んでいるが、敵がとても手強く一進一退の攻防と駆け引きが交わる戦闘は白熱している。

ただボタンを連打していれば勝てるゲームではないので、プレイヤーの判断力と技量が求められるゲームと言える。

f:id:Kakihey_jp:20150503143200j:plain

三人称視点に最適化され、表現力も向上したことでただ歩くだけの場面も不思議と退屈ではない。意味もなくほっつき歩くことも楽しさの一つと感じさせる程のグラフィックの美しさとエリアの作り込みには圧倒される。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする