The Order: 1886(ジ・オーダー1886) – 第一印象

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

The Order: 1886

The Order: 1886_20150220152426
散々迷った挙句一時は購入を見送ろうと思っていた『The Order: 1886』を購入。純粋に遊びたいという気持ちよりも、ネット上のネガティブキャンペーンとも思える動きを見て、「これは自分の目で確かめたい」という気持ちが強く、今回購入に至った。 この記事は『The Order: 1886』の序盤を遊んで感じた事を書いた第一印象記事になる。

映画的、雰囲気ゲーム、レターボックス

The Order: 1886_20150220154131
本作は物語主導型のTPSでその根幹となる世界観は重厚で、大作ゲームの風格を感じる。グラフィックは非常に美しく、描かれるカットシーンも質も高く”まるで映画”を見ているような感覚になる。また、カットシーンとプレイシーンは境目がなく移行して、没入感が損なわれない作りで好感が持てる。肝心のプレイシーンは引かれた線の上を進まされている感が強くて、QTEも多用されているので好き嫌いが分かれそうだが、私はそれを承知の上で遊んでいるので特に不満はない。
しかし、レターボックスはゲーム向きではない。恐らく、諸事情で1080pが実現できなかったので画面の上下に黒枠を入れているのだろうが画面が狭くてすごく気になる。黒枠込みの1080pよりも黒枠無しの800pの方が断然良い。

続いてTPSとしてだが、E3で公開されたプレイ動画を見た時から感じていたのだが、やはり普通過ぎる出来栄えだ。目の前に現れた敵たちを遮蔽物に隠れながら銃でバンバンする。手堅い作りなので飽きないだろうが、このゲームならではの特徴がない。今後もっと多様な戦闘シーンが無いと流石に飽きる。

第一印象

The Order: 1886は正に映画的なゲームで映画を意識したと思われるグラフィックやカットシーンの質は非常に高い。本作には「長めのカットシーン」「QTE」「一本道」と評価が割れそうな要素が3つもあるが今のところ私は楽しく遊んでいる。
私のような物語主導型のゲームが好みなら買い。



スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする