【Minecraft】配布マップとテクスチャパックの入れ方。「The Ghibli World Project」を見本に簡単解説。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 17
スポンサーリンク

「The Ghibli World Project」は『Minecraft』上で、ジブリの世界を再現する開発途中のModになる。現在は『千と千尋の神隠し』と『となりのトトロ』の世界までが完成しており、現在はその二つの世界を冒険することが出来る。

ジブリModの導入方法

(1) – 「The Ghibli World Project 」をダウンロードする(URL)。※17年1月現在の最新版は「World File (1.10.2): October 10th, 2016 Includes the worlds of Spirited Away and Totoro in one map」。

(2) – ダウンロードしたファイルを、WinRARの「ここに解凍」で解凍する。

(3) – Windowsキー+Rを同時押しする。検索欄に「%appdata%\.minecraft」と入力してゲームのインストールフォルダを開く。

(4) – 「savesフォルダ」に先程解凍したファイルをコピーする。

(5) – 『Minecraft』を起動して「シングルプレイ」を選択すると、ジブリ世界のデータが表示されているので、それをロードする。

以上。

テクスチャパックの導入方法

(1) – テクスチャパックをダウンロードする(URL)。

(2) – 『Minecraft』のインストールフォルダまで行き、「resourcepacks」を開く。

(3) – その中に先程ダウンロードしたファイル「pack.zip」をコピペする。

(4) – 『Minecraft』を起動し、「設定」→「リソースパック」と進む。その中に「pack.zip」があるので読み込む。

以上。

マップ

このModのマップは公開されている(URL)。これを参考にしてスポーンする場所を指定したり、冒険すると良い。

フォローする

スポンサーリンク