全員集合 – The Division (2)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

the-division-16110501

Ubisoftは様々なジャンルを手掛けているが故の強みがある。その強みとは、各作品で培ったノウハウを別の作品に転用させることが出来るということであり、本作でもそれが見られる。

例えば、本作のTPS面は『Watch_Dogs』、『Splinter Cell Conviction』や『Far Cry 3』を融合したものになっており、シリーズ一作目とは思えないほど手堅い作りになっているのだ。基本が押さえられた撃ち合い、半自動化されたカバーシステムやクラフト要素など、正にUbisoftゲームが「大集合」したかのような作りで、シリーズ一作目とは思えないほど綺麗にまとまっている。

また、ゲームプレイ面以外にもこれまでのUbisoftゲームの特徴が見られる。物語性を持つ収集物や、これは賛否両論だが拠点(セーフハウス)を解放してマップをアイコン塗れにするアレなど、『The Division』はUbisoftゲームを一つのパッケージに納めたような豪快さがあり、Ubisoftならではの作品と言える。

the-division-16110502

完全ソロプレイで遊んでいるので、MMOとして遊んでいるプレイヤーとは意見が異なると思うが、今のところ大きな不満なく遊べている。大雑把に言えば、敵を倒して戦利品を回収することの繰り返しだが、TPSや探索に力が入っているので意外と飽きずに遊べている。

ようやくスナイパーライフルを入手し、遊びの幅が一気に広がったので、まだまだ遊べそうな気がする。欲を言えばステルスプレイを持ち込んで欲しかったが、それは次回作以降に期待ということにしておく。

– 覚えるべきことが多い (3)
– 完全ソロプレイで (1)

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする