注目

2016年、特に面白かったミッション(クエスト)を紹介してみる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 21

案内
  • サブブログでは、こっちでは書けないネタを絶賛投下中。

スポンサーリンク

Fallout 4 – 「Long Time Coming」

プレイヤーのコンパニオンとして登場する、人造人間Nick Valentine。彼の外見は如何にもロボットなのだが、頭には200年以上前に殉職(?)した刑事の人格が組み込まれており、このクエストはそれに関連した内容になっている。

このクエストを簡潔に説明すれば、「200年以上の時を経て、自らを殺した男に復讐を果たす」という胸熱展開になっており、どのクエストよりも印象に残った。

Grand Theft Auto: San Andreas- 「Supply Lines…」 

燃料ギリギリでクリア。

ラジコンを操作して敵を倒していく鬼門ミッション。単純に操作性に難があることに加えて、「燃料」の制限も厳しく、せっかく敵を全滅させたのに「帰りの燃料がねえぞ」ということも起こりうるほど難しく、正に鬼門

しかし、鬼門だからこそ攻略した時の達成感が高く、終わってみれば面白かったなと思った。プレイ中は終始イライラしていたけど。

Hitman – 「Paris」

多彩な仕掛けが無数に用意された箱庭で、あの手この手で暗殺するゲームプレイは正にHitman。「あんなことも出来るのか」、「こんなことも出来るのか」の連続である。

The Witcher 3: Wild Hunt – 「Equine Phantoms」

『The Witcher 3: Wild Hunt』のDLC、『Blood and Wine』内のサイドクエストの一つ。ネタバレ防止のために詳しくは書かないが、非常に洒落が利いており、メタ発言も面白い。

The Witcher 3: Wild Hunt – 「Paperchase」

先程と同じく、『Blood and Wine』内のサイドクエスト。誰しも経験がある出来事を、コミカルに描いたサイドクエスト。この記事内の中で一番を決めるのなら、これを選びたいほどアイデアと流れが面白かった。

本家の記事はコチラ

実は、この記事はゲームメディア「PC Gamer」の企画を真似たもの。本家の記事はコチラ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


人気

関連記事