Remember Me – 戦闘は面白い、ただ爽快感はない (2)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

f:id:Kakihey_jp:20150611151008j:plain
このゲームのウリの一つはプレイヤー自らがコンボを作成できるところだ。
そのコンボに組み込める能力は、攻撃力を上げる”Damage”、体力を回復する”Regeneration”、特殊能力を発揮する為に必要な”S-Pressen”の3つがあり、これを組み合わせてオリジナルコンボを作成する。

例えば、コンボにDamageを多く組み込めば攻撃型コンボが出来上がり、また、DamageとRegenerationの二つを組み込めば攻撃力を上げて体力も回復するコンボが出来上がる。このように組み合わせ次第で様々な効果を発揮するコンボを作ることが出来るのだ。

さて、戦闘では自作コンボを状況に合わせて使い分けて戦うのだが、コンボを意識しながらの戦闘はただの殴り合いよりも面白い。体力に余裕があるのなら攻撃型コンボで敵を蹴散らして、劣勢になればそのコンボにRegenerationを組み込んで体力を回復させながら戦わなくてはならず、意外と戦術的で大味な殴り合いになっていない。
確かにBatman Arkhamシリーズの影響は受けているだろうけど、パクリではなく影響を受けながらも独自のモノに仕上がっている。

f:id:Kakihey_jp:20150611151015j:plain
戦闘の核となる部分はよく出来ているが、残念ながらテンポが悪い。
一応、Batman Arkhamシリーズのように敵の攻撃に合わせてマークが表示されるが、それは「回避しろ」という合図。Batmanのようにそこからコンボに繋げることはできないので、仮に攻撃が繋がっていても、敵からの攻撃を示すその表示が出ると一旦攻撃を止めて回避しないといけなくて、そこで一旦攻撃の流れが止まってしまう。

その他にも、壁にへばり付いて飛び掛かって来る敵やライトを当てないと姿が見えない敵など、各所で戦闘の流れを止める敵が登場して、とてもテンポが良いとは言えない。ちなみに、回避してもコンボは続いているのでゲーム的には問題ないが、流れるような攻撃が頻繁に途切れてしまうのは、非常に気になる。

戦闘自体は面白いのに、中途半端に独自性を出したせいで面白さが薄れてしまっている。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする