Metal Gear Solid 3 HD(メタルギアソリッド3 HD)【感想 評価 批評 レビュー】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサードリンク

Metal Gear Solid 3

f:id:Kakihey_jp:20150807231246j:plain
2004年末に発売されたPS2版をPS3向けにHD化した『Metal Gear Solid 3 Snake Eater HD』のレビュー。”オリジナルのスネーク”であるネイキッド・スネークを主人公に迎えて、過去作よりも前の歴史を描く作品になっており、シリーズ屈指の名作との呼び名も高く、またMGSの原点とも言える重要な作品でもある。

三人称視点と操作性

今作は見下ろし視点の他、一般的なTPSのような三人称視点でも遊べる。左スティックで操作、右スティックでカメラ移動という当たり前のことが当たり前に出来るようになり、旧作の操作性とは比べ物にならないほど手に馴染む。しかし、ステルスゲームの基本的な動作である中腰移動が未だに出来ない点は欠点と言える。加えて、草むらで匍匐状態になると強制的に一人称視点になる点も遊びやすさに欠ける。

だが、三人称視点になったことで状況把握が容易になり、少し操作方法に問題があっても遊べる作品になっているので、深刻な欠点にはなっていないのは救いだ。

CURE

“CURE”は全く不要。
今作ではスネークが負傷すると”CURE画面”を開いて治療しないといけないのだが、これのせいで非常にテンポが悪い。例えば、ボス戦中にスネークが被弾したとする。仮にボスが隙を見せている時であっても優先すべきは治療で、一旦ゲームを止めて”CURE画面”を開いて弾薬を摘出、消毒や縫合しないといけない。もし、治療せずに放置しているとライフの最大値が減少していくので、スネークが負傷すると何よりも先に治療する必要があり、これがゲーム中に何度もあるので非常に面倒臭い。リアルさを突き詰めた結果なのかも知れないが、正直不要だ。

退屈なボス戦

“一方的に攻撃を受けながら攻略法を探して、そして倒す”というボス戦が多々ある。このやり直し前提のボス戦はゲームの流れをぶった切る上に、遊んでいて楽しくない。また、ボスの中には理不尽な攻撃を加えてくる者もいて、今回が初見だったので理由も分からずただ殺されるということが何度もあった。”何度もボスに挑戦して倒す”というデザインは小島監督作品の特徴なのかも知れないが、蕁麻疹が出るほど私には合わなかった。

秀逸な物語

『Metal Gear Solid』のビッグボスに纏わる複雑な話や『Metal Gear Solid 2』の騙し騙されの話と比べると、今作の物語は単純明快。ネイキッド・スネークとザ・ボスの関係性が物語の根底にあり、最初から最後まで筋が通った話になっており、一周で大凡の内容は理解できた。終始”臭い台詞”が鼻に付くが、スネークとザ・ボスの関係を描いたメインテーマと、それに隠れる形で語られる影のテーマが優れていて『Metal Gear Solid』に匹敵するほどよく出来た物語だったと思う。

また、本作は現時点では、MGSの時系列的に最も古い歴史について語られる作品になっている。なので、既に『Metal Gear Solid』や『Metal Gear Solid 2』をクリアしているのなら色々な意味で楽しめる作品にもなっていて、そうしたシリーズファン向けの演出も大変面白かった。

Snake Eater

f:id:Kakihey_jp:20150807231654j:plain
『Metal Gear Solid 3』には取っ付きにくい操作、退屈なボス戦など時代を感じさせる欠点もあるが、舞台である密林での食料調達やカムフラージュなど、革新的な要素が多数盛り込まれた意欲作となっており完成度は高い。

本作はコンソールや携帯機でも発売されている為、手軽に入手できるので『METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN』を遊ぶ前に簡単にMGSの歴史を復習するもの良いのではないか。

関連記事1 – METAL GEAR SOLID 4【感想 評価 批評 レビュー】
関連記事2 – METAL GEAR SOLID【感想 評価 批評 レビュー】



スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする