METAL GEAR SOLID V: TPP – SIDE OPSが終わらない (5)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

MGSV MGS5 メタルギア
最近はSIDE OPSばかり遊んでいる。SIDE OPSはMAIN OPSとは異なりクリア後にリザルド画面が無いので好き勝手に遊べるのと、比較的難易度も低いので気軽に遊べるということで、SIDE OPSばかり遊んでいる。
確かにSIDE OPSは同じ事の繰り返しなのだが、今作は『Crysis』や『Far Cry 3』のようなサンドボックス型のゲームなので似たようなミッションでも遊ぶ度にそれなりに目新しいゲームプレイが楽しめるのは大きい。それでも、SIDE OPSは全部で150個以上もあるのだが物語性が皆無なので50個辺りで息切れしそうな気がする。『The Witcher 3』や『Deus Ex: HR』程ではないにしても物語性が無いと段々と飽きてくるに違いない。個人的には物語性の無いSIDE OPSが150個あるよりも、本筋の物語を補完するSIDE OPSが30個ある方が良い。
要するに”量より質”ということだ。

さて、SIDE OPSで敵兵をどんどん勧誘(誘拐?)したことで傭兵派遣が可能になった。傭兵派遣は部下達を紛争地等に派遣して、プレイヤーがミッションを遊んでいる後ろで自動的に任務を遂行させるミニゲームのことで、それに成功すると報酬とマザーベースの拡張や開発に使える物資が貰える。資金や物資は一人で集めようと思うと苦労するので、この傭兵派遣はどんどん使っていきたい。

ちなみに、傭兵派遣で「保管庫破壊(ヘルメット)」や「軍需工場破壊(暗視ゴーグル)」をクリアすると、敵兵がそれらを装備出来なくなるので隠密行動が「難しい」と感じるのなら何よりも先にそれをクリアすることを勧める。こうした助け舟があるのは嬉しい。

MGSV MGS5 メタルギア
少し気になった点を書くと、まずチェックポイントの間隔が長い。このゲームは目的地付近に着いた時にチェックポイントが用意されているのだが、そこから先にチェックポイントは無いのでミッションの途中で”死亡”すると目的地付近から再開ということになる。比較的、短時間で終わるドンパチプレイなら然程痛くないが、時間を要するステルスプレイをしている際に殺されて最初の辺りまで戻されると、かなりの時間を失うことになる。最近のゲームはこの無駄な時間を減らすために短い間隔でチェックポイントが用意されているが、今作はそれらのゲームと比べると”不親切”という印象を受ける。

あと、ショットガンが異常に強いという点も気になる。スネークはショットガンに撃たれると弾き飛ばされるのだが、立ち上がる間もなく再度撃たれて殺されるということが何度もあった。また、敵の視界を奪うためにスモークグレネードを焚いても少し離れた所にいる敵兵にはこちらが見えているようで、あまり使えないのも気になる。

現在までに20時間ほど遊んでいるが、この二点が気になった。ちなみに現時点での総合達成率は15%で、その内SIDE OPSは5%なので”まだまだ”終わりそうにない。

– クワイエットと一緒なら (6)
– ダイヤモンド・ドッグ (4)

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする