METAL GEAR SOLID V: TPP – ダイヤモンド・ドッグ (4)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

METAL GEAR SOLID V MGSV MGS5
子犬が成長してミッションに連れていけるまでになった。確か子犬は序盤のSIDE OPSを遊んだ時にヘリ降下した所に居たはず。子犬の出現に条件はなくランダムなのでメインミッションで出会うこともあるようなので、まだ出会っていない人は適当にミッションを受注して、ヘリ降下した時に辺りを見回すと近くにいるかも知れない。

当然、子犬の頃はミッションに同行させることは出来ない。恐らく”成長”もランダムで、大体メインミッションを10個程度済ませると成犬になる模様。私は約15時間遊んだ頃に成犬になった。その流れだが一旦、マザーベースに帰還して再びヘリに戻る時にオセロットが成犬になったダイヤモンド・ドッグ(DD)を連れてきた。

さて、肝心のDDだが有能である。
DDはプレイヤーが命令せずとも周囲を索敵して敵兵をマーキングしてくれるので、ステルスプレイをする上で大きな助けになるし、DDに命令して敵兵を襲わせることで動きを一時的に止めて、その隙にCQCで気絶させるという連携プレイも可能だ。一人で敵兵の背後に回ってホールドアップさせてから羽交い締めにするより確実に出来るので、「ステルスプレイをしたいけど失敗する」という人はDDをミッションに同行させると良い。

ちなみに馬(Dホース)とは違って、背中に跨って移動することは出来ないので長距離を移動するミッションでは使えないが、幸いミッション中は自由にバディを交換できるので移動する時はDホース、潜入する時はDドッグという具合に使い分けたい。ちなみにバディの交換は3500ポイントも消費するので”ご利用は計画的に”。

小島監督が「ゲームデザイナーやゲーマーの夢」と語っていたバディがプレイヤーの邪魔をしない程度に使えるのは嬉しい。

– SIDE OPSが終わらない (5)
– クワイエット (3)

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする