METAL GEAR SOLID PW HD – 長いボス戦に耐えてクリア (2)

MGSPW MGSPW HD
『METAL GEAR SOLID PW HD』をクリア。
実は今年の3月から『METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN』の発売までに、過去作を制覇するという事をしていたのだが、これで無事終了ということになる。まあ、『METAL GEAR SOLID 2』はソリッド編しか遊んでいないのだが、一応”ソリッド編は遊んだ”ので、METAL GEAR “SOLID”は制覇したということで、ね?

さて、この記事では『METAL GEAR SOLID PW HD』の感想を書いていく。

MGSPW MGSPW HD
先日の記事にも書いたがボス戦が長い。結局最後の最後まで長かった。
私は「ボスが機械だろうが人間だろうが構わない」と思っているが、機械だから耐久力が異常に高く、なかなかダメージが与えられないのであれば話は別だ。今作のボスは最も装甲が薄い箇所を撃っているにも関わらず、全く体力ゲージが減らない上に、頻繁に回避が必要な攻撃を加えてくるので、少し攻撃しては回避の繰り返しになり、非常にテンポが悪い。

特にそれが顕著なのが最終盤にあるPeace Walker戦だろう。私は軽く20分近くも費やすことになり、その間は延々と銃弾とロケット弾を撃ち込んでいたが、当然面白くも何ともない。最早ここまで来ると作業なので、何も考えず黙々とボタンを押していた。
酷いことに、今作もボス戦中にチェックポイントがないので、仮に殺されると最初からやり直すことになる。過去作のボス戦は比較的短時間で決着が着いたので、たとえ殺されて最初からやり直しになっても然程痛くなかったが、今作はあまりにも失う時間が多い。もう一度、時間を掛けて少しずつダメージを与えていくなんて、拷問に近い。
しかし、百歩譲ってボスが異常に固くても良いとしよう。それなら最低でもチェックポイントを一定間隔で用意すべき。

あと、ムービー中のQTEはク○の上にク○を付けたくなるほど、つまらない。本作のQTEに、入力ミスをしてもやり直しにならない代わりに、その後の展開が少し変化するというものがあったが、それは良いQTEだし、見本となるべきだと思うが、それ以外のQTEは入力ミスがやり直しに繋がる悪いQTEで、面白くも何ともない。特に異常な速度で△の連打を求めるQTEには言葉を失ってしまった。

MGSPW MGSPW HD
難易度が下がったことで、お手軽でテンポが良くなった隠密パートとマザーベース関連の新要素は、個人的に評価が高い。だが、ボス戦前には必ずマザーベースに戻って装備を整えさせてくれる配慮が出来るのにも関わらず、肝心のボス戦やQTEではそうした配慮が見られないのが非常に悔やまれる、そんな惜しい一作が本作『METAL GEAR SOLID PEACE WALKER』である。

良い点
・約10分程度で終わる短時間で手軽に遊べるメインミッションの数々
・ステルスゲーム入門編に最適な易しくもあり、手応えも感じられる絶妙な難易度
・マザーベースの拡張、アイテム開発

悪い点
・退屈で時間の掛かるボス戦
・発見されると大量に湧く敵兵
・チェックポイントがない

– 足を引っ張るボス戦 (1)
関連記事1 – METAL GEAR SOLID V: GZ【感想 評価 批評 レビュー】
関連記事2MGSV TPP プレイ日記 (1)

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする