注目

#マフィア3 もっと速く!(Mafia III: Faster, Baby!)【感想 評価 批評 レビュー】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 22
スポンサーリンク

マフィア3(MAFIA III)』には約半年にも渡るDLC計画が存在し、そのうち3本はシングルプレイ用DLCになる。今回レビューする『もっと速く!(Faster, Baby!)』は、その3本のうちの1本目になり、プレイヤーは再びリンカーンを操作し、本編の舞台である「ニューボードー」に追加された新エリアで暴れまわることになる。

余談だが、時系列的には本編の序盤辺りになる模様。しかし、本編でアンロックしたサポートは漏れなく受けることが出来るし、その逆でこのDLCで入手した物を本編に逆輸入することも出来る。


注目

熱い、カーチェイス

このDLCの目玉はタイトルの通り、車を中心にしたゲームプレイだろう。メインミッションでは大勢のパトカーに追跡される場面が多く、それらを撒くための面白いアイテムも追加されている。また、新エリアも追加されており、単にミッションを追加しただけではないのは好印象。

しかし、どの新要素もゲームを劇的に変化させるものではなく、良くも悪くも本編と同じ。特に一連のメインミッションを終えたあとは、本編と同じく反復的な作業を繰り返す水増しミッションになっており、飽き飽きさせられてしまう。

このDLC独自のゲームプレイは面白いのだが、それの出番があまりにも短く、それ目当てに買った者としては肩透かしを喰った感がある。

目的は手段を正当化する?

本編は主人公リンカーン個人の復讐の物語だったが、このDLCは主人公を含む黒人コミュニティの「正義」に関する物語になる。凶悪な白人至上主義者に支配された街を解放すべく、主人公らは行動する。

さて、本編でも高く評価された物語は短いながらも質が高く、相変わらずボスは憎たらしい。この二つに関しては満足行くものになっているのだが、彼らの理念と行動の不一致に強い違和感を覚えた。これは言い換えると物語とゲームプレイの乖離とも言えて、正義を語る割にはゲームプレイ面では街を破壊し、無実の人に危害を加えることが続くので、非常に強い違和感を覚えたのだ。

もっとも、これは『ウォッチドッグス2』や『スリーピングドッグス』でも感じたことなので、このDLCに限った話ではなく、オープンワールドゲームで正義の物語を描く難しさの話になるのかも知れないが、このDLCでもその辺りのフォローがないので今ひとつ物語に入り込むことが出来なかった。

依然としてクォリティに問題あり

3時間ほどのプレイの中で進行不能バグに2回も見舞われた。1回目は追従者がフリーズし、2回目は守るべき車両が爆破されて進行不能に陥った(画像)。また、これら以外にもボタンアイコンが消失するバグ、デフォルトのコントローラ感度が異常に高くなるバグにも見舞われ、この2つに関しては結局最後まで解決することは無かった。

さらに、価格に対して内容量も十分とは言えない。カットシーンと演出が盛り込まれた「メインミッション」よりも、反復的な作業が中心のミッションの方が目立っているのは、あまり印象が良くない。

ウィッチャー3』、GTAシリーズフォールアウトシリーズのDLCが、大して変わらない値段であれだけ遊べることを考えると、はやりボリューム不足感は否めないだろう。

総評

短いながらも仲間との共闘やパトカーとのカーチェイスなどは、本編には無かったもので面白い。しかし、依然として製品としてのクォリティに問題を抱えており、様々なバグを乗り越えてまで遊ぶべきかは難しいところだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事