Life is Strange – クリア (3)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 life-is-strange-16030501
プレイ時間は約15時間で、まさかの14時間連続プレイで完走してしまった。それほど各エピソードの完成度が高く、止めどきが全く無かった。元々、このゲームはエピソード毎に配信するという販売方式を取っている為、そのエピソードが終わりに近づくにつれて謎が深まり、あと一歩の所でエピソード終了となるクリフハンガー的な手法を取っているので、本当に止めどきが無く、まんまと開発者の術中に嵌ってしまった。

エピソード毎に配信するビデオゲームの生命線とも言える物語はかなり質が高い。物語は”最初のほんの小さな変化が後に大きな変化を生む”というバタフライエフェクトを軸に展開され、その上に”時間を巻き戻す能力”や複雑な人間模様があり、夢中になれる物語だった。そのため”選択する”行為も意味があり、その時に選択したことが枝分かれしていき、最後にそれらが収束していく流れは感動的で圧巻。

同社の前作にあたる『Remember Me』も物語と登場人物が魅力的だったので、Dontnod Entertainmentの手腕は確か。

– 
時間を巻き巻き (2)
関連記事 – Life is Strange【感想 評価 批評 レビュー】

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする